市立病院大規模改修へ 旭川市が感染症センターを設置

2020年07月10日 10時00分

コロナ対策で1棟で完結する動線を整備

 旭川市は、新型コロナウイルス感染症対策として仮称・感染症センターを設置する。市立旭川病院[会員専用MAP↗]の感染症病棟を大規模改修し、外来、検査、入院までを1棟で完結させる。総事業費は約2億円。年度内に実施設計を終え、早々に着工し2021年夏の本格稼働を目指す。

 7日に開いた市長記者会見で公表した。

 同センター構築は第1期と第2期に分けて進める。1期で感染症病棟を再編し専門病床を確保した後、2期で全面的に大規模改修する。

 1期工事は、患者の受け入れ体制を強化するため、感染症病棟の病床6床を10床に増やす。6階建ての同病棟は最上階のみ一般病棟。ドア設置やエレベーターの変更など内部改修を進めて新型コロナ専用に転換する。

 2期工事は、1・2階の改修、病室の改善、連絡通路設置が主。現在救急外来で受け入れている発熱外来に対応する待合所を1階、診察室を2階に設ける。4―6階の病室には浴室やトイレなど水回りを整備し、閉鎖環境に改善。連絡通路は病院本体とつないで医師の動線を確保する。3階はナースステーションや医療従事者の待機所となる。

 1期は工事費700万円、12月の施設稼働を見込む。2期は設計を含め約2億円の規模。3定補正に上程し、冬季に設計、21年4月から工事に入る意向。工事は指名競争入札を検討している。

 旭川市では2カ月以上、感染者が出ていないが第2、3波に備える姿勢だ。

(北海道建設新聞2020年7月8日付1面より)

会員向けサービスのご案内

 有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「e-kensinマップ」では、用途地域や路線価などの現地周辺地域の情報がワンストップでご覧いただけます。入会についてはこちらのページをご覧下さい


関連キーワード: 上川 大規模改修 新型コロナ 病院

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,737)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,273)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,965)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,549)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,300)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。