新幹線開業見据え奥沢十字街の交通課題を調査 小樽開建

2020年07月11日 10時00分

ハード対策の必要性検討

 小樽開建は、北海道新幹線仮称・新小樽駅の開業に備え、国道5号と393号の交差点(奥沢十字街)調査に着手した。各種データなどから交差点周辺の道路利用状況をまとめ、交通円滑化に向けたハード対策の必要性を検討するための基礎資料として活用する考え。想定される対策としては、既存右折専用レーンの延長や左折専用レーン新設などが見込まれる。

通勤時間帯は非常に混雑する奥沢十字街

 奥沢十字街[MAP↗]は、5号と393号、道道天神南小樽停線が交わる交差点で、5号は片側2車線、393号と天神南小樽停線は片側1車線で、3路線とも右折専用レーンを設けている。

 仮称・新小樽駅が奥沢十字街から393号を南下し、天神南小樽停線と交わる天神十字街をさらに進んだ天神2丁目付近に新設されることから、交差点調査で課題を分析する。天神十字街の交差点調査も、いずれ実施したい考えだ。

 交通量やETC2・0のデータ、道路構造資料、公表している地域計画や統計資料などを整理し交通課題を洗い出す。既にに右折専用レーンがあるため、対策としては既存右折専用レーンの延長、左折専用レーン新設を想定している。

 奥沢十字街の交差点調査は、5号ほか道路整備概略検討としてドーコンで進めている。この業務には、道横断道黒松内―倶知安間概略検討、230号留寿都・喜茂別地区路線検討も含まれており、関連する各種データを収集・分析し、過去に実施した調査データを更新する。

(北海道建設新聞2020年7月10日付13面より)


関連キーワード: 北海道新幹線 国交省 後志 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,737)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,273)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,965)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,549)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,300)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。