産業遺産保存へ 旧士幌線第三音更川橋梁の補修が本格化

2020年07月14日 12時00分

橋梁天端の高さまで組まれた足場

 上士幌町が発注した旧国鉄士幌線第三音更川橋梁の補修作業が本格化している。国の登録有形文化財である同橋を産業遺産として保存するための工事で、小寺建設・田西建設共同体が施工を担当。天端と同じ高さ18mまで足場を組み、大径間アーチの橋脚部補強などを進める。今秋の完成を目指している。

 全長71mのコンクリートアーチ橋で、1936年に完成した。河川横断部に架かる32mのアーチは当時、国内で最大級。現場代理人を務める小寺建設の佐藤佑樹工事部係長は「通常の橋梁補修とは異なり、現在の姿を維持しながら進める。初めての経験で勉強になる」と話す。

 現場は大雪山国立公園内で作業スペースが限られるため、橋上から小型のクローラクレーンを使って足場を組んだ。資材の積み下ろしも行う。橋そのものは今も堅牢(けんろう)で、町が2018年度に調査し、使用されているコンクリートに十分な強度があることを確認している。

川にせり出した足場から真上に眺める大径間アーチは、工事中のみ見ることができる景色だ

 8日時点の進ちょく率は45%。大径間アーチの橋脚巻き込み部コンクリート打設は右岸を完了し、モルタルによる断面補修作業の開始に向けた準備を進めていた。断面補修後は橋梁天端に防水処理を施し、線路を敷いて完成となる。

 国道273号側の足場には、事業費が寄付で賄われたことに謝意を示す看板を町が設置し、工事をPRしている。

 「紅葉が始まる前には完成させたい」と佐藤係長。橋上の手すりを増設するなど安全対策にも気を配りながら作業を続ける。(帯広)


関連キーワード: 十勝 土木 橋梁 歴史的建造物

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,080)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,419)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,399)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,256)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,248)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。