ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ

2020年07月15日 16時00分

15日から予約受け付け

 不動産関連事業を手掛けるMASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ、本社・札幌)は、札幌・ススキノの銭湯「山鼻温泉屯田湯」を宿泊施設に改修し、23日に開業する。洗い場や脱衣場などを含む285m²の1階部分を3つの客室に改装。遠隔地にいる係員とのビデオ通話でチェックインする無人ホテル形式で、人件費などの運用コストとウイルス感染リスクを抑える。

銭湯時代の浴場(上)を客室に改装した

 場所は札幌市中央区南9条西8丁目1[MAP↗]。客室の広さは17―89m²。定員は6―8人で、認可区分上2室はホテル、1室は民泊となる。客室にはベッドを置くが、タイルやプラスチックおけ、灯籠などで銭湯の雰囲気を演出。ホテル2室にはそれぞれ専用の温泉風呂が付く。

 銭湯は1964年開業の老舗。所有者からの委託を受けてマッシブが改修を企画し、管理と運営を手掛ける。宿泊価格は調整中。主要な旅行サイトを通して15日から予約を受け付ける。

(北海道建設新聞2020年7月14日付2面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,190)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,493)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,474)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,325)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,081)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。