障害者が手作り、自立支援に 地崎道路のロゴ入りせっけん

2020年07月28日 15時00分

 地崎道路(本社・東京)は、障害者の就労を支えるリンクライン(同・神奈川県小田原市)に依頼し、企業ロゴの入った色鮮やかなせっけんを作った。障害者自立支援の一環として1000個を用意し、年末年始のあいさつ回りなどで取引先に配る。

企画・制作からラッピングまで全て障害者が手掛けたせっけん

 千歳市内で6月に開かれた施工技術の自社発表会で、記念品として関係者に配布。北海道支店の渡部綾課長が「一生懸命作った障害者の人たちを思いながら使ってください」と手渡した。

 せっけんはリィリィというブランド名の贈答用。企画・制作からラッピングまで全て障害者が手作りする。洋菓子のように艶っぽく色鮮やかで、写真映えするとして贈られた人に驚きと感動を与える。

 地崎道路は社内の一部業務を外部委託するコムテック(本社・東京)からリィリィを贈られ、リンクライン社の取り組みを知った。昨年10月に渡辺誠司社長と寺田吉孝執行役員が小田原の製造現場を訪問。手作りの歓迎ボードで出迎えてもらったほか、商品を一生懸命作る姿に心を打たれた。

 年末年始のあいさつ用に1セット2個入りを500セット注文した。業界ではカレンダーを配るのが一般的で、せっけんなら珍しがられるのではないかと考えた。コロナ禍は手洗いが欠かせないため、より重宝されそうだ。

 寺田執行役員は「障害者雇用としての貢献度は小さいかもしれないが、これからも大小問わず社会に役立ちたい」と話している。

(北海道建設新聞2020年7月27日付3面より)


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,292)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,378)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,985)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,836)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,198)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。