室蘭開建の2事業が全日本建設技術協会の19年度全建賞に

2020年08月05日 15時00分

 室蘭開建が所管する室蘭港築地地区岸壁西マイナス9m改良、日高幌内川河道閉塞緊急対策の2事業が、全日本建設技術協会の2019年度全建賞に選ばれた。物理的、時間的制約が大きい中、優れた技術や施工の工夫によって事業を完遂した点が高い評価を得た。

 全建賞は、同協会が実施する表彰で、建設技術の発展を目的に1953年に創設。19年度は303事業の応募の中から79事業が選定された。

 室蘭港築地地区岸壁西マイナス9m改良は、各施設の老朽化解消のため、11年度に着工し、18年1月に完了した事業。

本道港湾で初施工となった室蘭港の控えアンカー鋼管矢板構造

 現場では、ふ頭間の岸壁が近いため全面水域が狭く、岸壁背後に港湾貨物用の上屋があるなどの制約があったため、本道港湾では初となる控えアンカー鋼管矢板構造を採用。各施設の利用に影響することなく施工を完遂した点が評価された。

 日高幌内川河道閉塞緊急対策は、18年9月に発生した北海道胆振東部地震に伴う河道閉そくで懸念される、大規模土砂災害を防ぐことを目的に実施した緊急工事。

緊迫した河道閉そくから迅速な施工で立ち直った日高幌内川上流部

 融雪期の出水までに、おおよその施工を終える必要があり、24時間施工、マシンコントロール型建設機などによるICT施工、プレキャスト製品の採用といった工夫を凝らし、19年3月までの約半年間で完成させた。

(北海道建設新聞2020年8月4日付15面より)


関連キーワード: 土木 河川 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。