日本製鉄の鉄鋼スラグ 泊村の海藻再生に貢献

2020年08月06日 15時00分

 日本製鉄は、泊村での鉄鋼スラグ製品「ビバリーユニット」を使った藻場再生プロジェクトについて、ホソメコンブなど海藻の再生を確認したと発表した。地域の水産振興につながるほか、CO₂の吸収・固定作用があることから地球温暖化対策に貢献できるとみている。

 泊村は、過去にウニやアワビなど魚介類が豊富に採れていたが、近年は昆布やワカメなどの海藻類が失われ、磯焼けによって魚介類を育む藻場が減り、水産業に影響が出始めていた。

 日本製鉄は2018年に泊村役場、古宇郡漁業協同組合の3者で藻場再生の実証実験を開始。磯焼けの原因の一つが鉄分不足にあることを突き止め、19年11月にビバリーユニットを海岸線2カ所に合計3㌧埋設した。20年7月の現地調査の結果、埋設部分の海底でホソメコンブやナンブワカメ、褐藻植物などの再生を確認した。

ビバリーユニット埋設によって藻が繁茂した海底の様子

 泊村の高橋鉄徳村長は「これからも藻場の再生事業を続け、海の恵みが多くの人に届くことを期待し、さらには泊村の浅海漁業が発展することを願う」とコメント。古宇郡漁業協同組合の池守力代表理事組合長は「実施箇所での昆布の繁茂状態が良いため、今後に期待を持ちながら引き続き活動を継続したい」と話している。

 日本製鉄は02年の増毛町を皮切りに、全国38カ所で「海の森づくり」と銘打った藻場再生に取り組む。磯焼けの原因は水温の上昇やウニなどの食害のほか、鉄分をはじめとする栄養分の不足と考え、製鉄副産物の鉄鋼スラグと腐植土を混合したビバリーユニットを開発した。道内は日本海側を中心に7カ所で実施している。

(北海道建設新聞2020年8月5日付3面より)


関連キーワード: 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,105)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,169)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,520)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,188)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,121)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。