キャンプ場イメージの心和む空間 植村建設の現場事務所

2020年08月11日 15時00分

人工芝やアウトドア家具でこだわり演出

 心を和ませられるような空間を―。植村建設(本社・赤平)が6月中旬に芦別市内に設置した現場事務所は、室内一面に人工芝が敷き詰められ、置かれている椅子や机もアウトドア用のもので、まるでキャンプ場そのもの。作業員たちは、広々とした空間で休憩時間を自由に過ごしている。

こだわりが詰まっている事務スペース

 札幌開建が発注した一般国道452号星の降る里大橋補修ほか一連工事の現場事務所。景観改善や防犯の観点から、空き店舗を活用した現場事務所となっている。

 内装については、新型コロナウイルス感染拡大により休日も自由に外出できず作業員のストレスがたまりやすい情勢を考慮し、適度な間隔を保ちつつ、リラックスできる空間にしたいとの考えからキャンプ場をイメージすることを決定した。

 現場代理人の岡崎力工事部次長はじめ、本社幹部や現場に配属される技術者がアイデアを寄せ合い、畠山蓮太工事部主任が備品を手配した。

 延べ212平方㍍のフロア一面に人工芝を敷き、椅子もアウトドア用のものを利用した事務スペースと休憩スペースが一体となった現場事務所に整備した。休憩スペースにはベンチ付きのあずまやを組み立て、壁をぐるりとラティス(格子状のフェンス)で囲むなど雰囲気を演出する工夫があちこちに施されている。

 岡崎工事部次長は「こんな事務所めったにない。下請けの職員も自由に休憩や作業ができており、使いやすい事務所になった」と喜びの表情を見せており、「今後も、人工芝などを活用して続けていきたい」と話している。(岩見沢)

(北海道建設新聞2020年8月7日付10面より)


関連キーワード: 働き方改革 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,110)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,172)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,520)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,190)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,120)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。