被災3町で暮らしの再建進む 道が復旧工事現場を公開

2020年08月25日 15時00分

 北海道胆振東部地震から9月6日で2年を迎えるに当たり、道は20日、報道機関向けの復旧工事現場視察会を開催した。道や町の担当者が復旧工事の進ちょく状況を説明したほか、厚真、むかわ両町の5現場も案内。順調に工事が進み、住民の暮らしの再建が進んでいることを報告した。

順調に工事が進む厚真町の新町地区災害公営住宅

 はじめに全体説明として、厚真、むかわ、安平3町の担当者が土木系工事の発注状況、道の担当者が住まいの確保に向けた取り組み内容を紹介。

 宮坂尚市朗厚真町長は「被災地としては風化や忘れ去られることはつらい。一人一人復旧の歩みのスピード感は違うが、全力で立ち上がり前に進む努力をしている。新しい3町の姿を皆さんに見てほしい」と話した。

 この後、厚真町内の新町地区災害公営住宅建築の現場に移動。現在の進ちょく率は80%で、10月末には入居を開始できるとした。

 むかわ町では、竹中喜之町長が再建に取り組んでいる定住促進住宅文京ハイツと隣接する鵡川高生徒寮を案内。40%の進ちょくで工事が進む文京ハイツは3階建てで、屋上には津波被害を想定した津波避難所を整備し、隣接する生徒寮からの出入りも可能とする。生徒寮には近隣住民との交流の場を設けるため屋外に地域交流多目的広場を整備するほか、浴室は災害時に屋外から直接出入りできるようにすると説明した。

 胆振振興局林務課発注の東和地区B災害関連緊急治山、農村振興課発注の高丘地区農地・農業用施設災復の現場も訪問。無事に工事を終え、農家もほとんどが営農を再開できているとし、道では引き続きフォローアップ事業を展開して営農を支援していくとした。

 最後に訪れた厚真町富里浄水場では、室蘭建管が裏山の土砂崩壊の災害対策などを、町の担当者が浄水場本体の復旧状況を説明し、7月31日から全町への給水を再開できたことなどを報告した。

(北海道建設新聞2020年8月24日付11面より)


関連キーワード: 胆振 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,113)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,479)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,451)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,088)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。