苫小牧東港の温度管理型冷凍冷蔵庫が津波一時避難施設に

2020年09月02日 15時00分

苫小牧埠頭、北海道クールロジスティクスプレイスが市と協定

岩倉市長(右)と海津社長が協定書を交わした

 苫小牧市と苫小牧埠頭(本社・苫小牧)、北海道クールロジスティクスプレイス(同)は8月28日、苫小牧東港の温度管理型冷凍冷蔵庫会議室で、津波一時避難施設としての使用に関する協定を締結した。津波が発生した際、同冷凍冷蔵庫屋上などを避難場所として使用するためのもので、岩倉博文市長と海津尚夫社長が協定書を交わした。

 協定の対象となるのは、北海道クールロジスティクスプレイスが所有し、苫小牧埠頭が運営する道内最大級の温度管理型冷凍冷蔵庫。4月末に完成し、5月末から営業開始した。建設地は苫小牧国際コンテナターミナル隣接地の苫小牧市弁天1の45で、規模はRC造、5階、延べ1万4738m²。

 津波避難ビルの機能を備えており、非常用電源や受水槽を3階以上に設置。避難するときには事務所出入り口ドアのフラッシュライトが点滅して誘導する。屋上は地上から36mの高さで、最大1700人が収容可能。また、水や食料、毛布などの備蓄品も300人、3日分備えている。

 岩倉市長は「ロジスティクスの展開を港湾が担うこと、苫小牧港としての新たな取り組みに注目している。この施設が北海道経済、道民にしっかり役に立つよう祈っている」と期待を示した。

 海津社長は「住民や港湾で働く人に安全、安心を提供できるのはうれしい。関係者と連携して危機管理機能を向上させたい」と話した。

(北海道建設新聞2020年9月1日付13面より)


関連キーワード: 港湾 災害・防災 物流 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,465)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,102)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,296)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。