若竹の防波堤を機能回復 小樽港マリーナ港口老朽化対策

2020年09月08日 10時00分

新設か大規模補修 海上施工がメインに

 小樽市は、若竹地区にある防波堤の機能回復を計画している。小樽港マリーナ港口の防波堤91㍍に老朽化対策を施す事業で、2020年度は実施設計と地質調査を進める。マリーナの運営会社と協議し、新設か大規模補修かを選択するため、現時点で工法、事業費、事業期間は未定となっている。

 同防波堤は、水面貯木場の外郭施設として1970年に整備。その後、90年の小樽港マリーナのオープンに合わせ、マリーナ港口を確保するために防波堤の一部を解体し、現在の形で供用されている。

 これまでの調査で、水中部の鋼管コルゲート腐食、コンクリートの空洞化が見つかっており、部分補修などで対応してきたものの、2017年の低気圧被害で防波堤が傾斜したことから、抜本対策による機能回復に取り組む。

 施工延長は西側が57㍍、東側が34㍍の計91㍍。実施設計を日本データーサービス、地質調査をオオハシコンサルタントに外注した。実施設計は来年1月末ごろ、地質調査は年内に終える予定だ。

 海側か陸側への新設、既存防波堤の大規模補修を想定するが、新設時の構造断面や詳細な補修方法は実施設計で固めていく。防波堤まで重機が移動するスペースがないことから、工法を問わず、海上施工がメインとなる見通しだ。

(北海道建設新聞2020年9月7日付11面より)


関連キーワード: 後志 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。