若竹の防波堤を機能回復 小樽港マリーナ港口老朽化対策

2020年09月08日 10時00分

新設か大規模補修 海上施工がメインに

 小樽市は、若竹地区にある防波堤の機能回復を計画している。小樽港マリーナ港口の防波堤91㍍に老朽化対策を施す事業で、2020年度は実施設計と地質調査を進める。マリーナの運営会社と協議し、新設か大規模補修かを選択するため、現時点で工法、事業費、事業期間は未定となっている。

 同防波堤は、水面貯木場の外郭施設として1970年に整備。その後、90年の小樽港マリーナのオープンに合わせ、マリーナ港口を確保するために防波堤の一部を解体し、現在の形で供用されている。

 これまでの調査で、水中部の鋼管コルゲート腐食、コンクリートの空洞化が見つかっており、部分補修などで対応してきたものの、2017年の低気圧被害で防波堤が傾斜したことから、抜本対策による機能回復に取り組む。

 施工延長は西側が57㍍、東側が34㍍の計91㍍。実施設計を日本データーサービス、地質調査をオオハシコンサルタントに外注した。実施設計は来年1月末ごろ、地質調査は年内に終える予定だ。

 海側か陸側への新設、既存防波堤の大規模補修を想定するが、新設時の構造断面や詳細な補修方法は実施設計で固めていく。防波堤まで重機が移動するスペースがないことから、工法を問わず、海上施工がメインとなる見通しだ。

(北海道建設新聞2020年9月7日付11面より)


関連キーワード: 後志 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • web企画
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,408)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,567)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,403)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,114)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,106)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。