清里町が焼酎転用し消毒液を製造 公的機関などで使用

2020年09月08日 15時00分

 清里町は新型コロナウイルス対策の一環として、名物の清里じゃがいも焼酎を使った消毒液を製造している。商品に至らなかった焼酎を転用。町内の公的機関などで使用している。

名物の焼酎を使って消毒液を製造している

 同町は特産のジャガイモを使い、約40年前から町営工場で焼酎を製造している。コロナウイルスの感染拡大で手指消毒用エタノールが不足していることを踏まえ、国税庁が高濃度エタノール製品(スピリッツ)の製造免許手続きを簡素化・迅速化したことから取り組みを決めた。

 品質に問題はないが商品化の基準を満たさず、アルコール度数30度以上のものを使用。試験用の蒸留器で焼酎を再び蒸留し、度数を高める。一度に5㍑、1日で15㍑まで製造可能だ。

 一般向けに販売はせず、町内の福祉施設など公的機関を中心に使用している。

 本松昭仁副町長は「今後の消毒液需要などを見た上で、道内外問わず飲食店や宿泊業、観光業に向けての販売を視野に入れている。消毒液をきっかけに清里町や清里焼酎のことを知ってもらえれば」と話している。(網走)

(北海道建設新聞2020年9月7日付9面より)


関連キーワード: 新型コロナ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,105)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,169)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,520)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,188)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,121)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。