十勝開墾農場畜舎の説明板をリニューアル 清水町

2020年09月13日 10時00分

 清水町は、熊牛11にある十勝開墾株式会社農場畜舎の説明板をリニューアルした。町の文化史跡で、現在も渋谷農場の牛舎として使われている施設。新しい説明板は高さ1・8m、建設当時の写真を載せて内容を一新した。町史に基づく同社の沿革も記している。

町の文化史跡であり、今も現役の牛舎だ

 十勝開墾株式会社は、近代日本経済の父といわれる渋沢栄一らが熊牛地区などの開墾を目的に設立した合資会社が前身。民間資本により熊牛地区と人舞地区の原野4270haを開墾し、町の発展に寄与した。農場畜舎は1919年に建てられた。

 旧説明板のタイトルは十勝開墾合資会社だったが、その後の調査で畜舎が建てられたのは株式会社への移行後だったことが分かりタイトルを変更。日本甜菜製糖ビート資料館などの協力を得て、建設当時の写真も載せた。

 説明文では設計を札幌農学校に依頼し、同学校の第2農場がモデルとされ、当時としては理想的な畜舎だったことなどを紹介している。

 町教育委員会は「まずは町民にまちの歴史、成り立ちを知ってもらい、郷土愛を深めてほしい」と話している。(帯広)

(北海道建設新聞2020年9月9日付7面より)


関連キーワード: 十勝 歴史的建造物

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 東宏
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (17,460)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,133)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,766)
山側など3ルート検討 229号乙部町館浦岩盤崩壊本...
2021年09月13日 (1,217)
コロナ禍で変わる札幌都心部のオフィス事情...
2021年08月18日 (1,018)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第215回は「炭酸好き」。のど越しが渇きを癒やし、爽快な気分にしてくれます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第12回「トイレドアと表示錠」。製造メーカーには、どの人にも伝わる色選びを心がけてほしいですね。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第11回「休業要請と従業員」休業手当があっても退職する人も。働く場所が提供するのはお金だけではありません。