西部地区再整備で民間実施団体設立を検討 函館市

2020年09月15日 15時00分

地域経済活性化支援機構と共同出資 事業内容や実現可能性を検討へ

 函館市が西部地区の再整備事業を巡り、不動産の売買、管理などの業務を担う民間実施団体の設立に向けた検討を進めていることが分かった。地域経済活性化支援機構(REVIC)との共同設立を視野に入れており、財源には同機構が展開する基金「地域活性化ファンド」の活用を見込む。収支予測を踏まえた実現可能性や具体的な事業内容などを検討していく。

 10日に開いた市議会経済建設常任委員会で、都市建設部の担当者が報告した。

 伝統的建築物が並ぶ西部地区では、人口減少や高齢化などを背景に、空き家、空き地など低利用、未利用の不動産が増加。地域の魅力が損なわれる懸念があることから、市は2019年度、既存ストック活性化や町会の活性化、同地区での暮らしの在り方検討などを柱とする再整備事業に着手した。

 事業の柱の一つである既存ストック活性化は、低未利用不動産の流動化促進を目指すもの。基本計画には具体的事項として、良好な宅地の供給や生活利便施設の導入、観光交流施設拡充などを盛り込んでいる。

 これらを進めるには、不動産の周知や仲介、売買、管理などの事務作業が必要となるが、行政機関が担うのは現実的ではないというのが市の見解。このため、民間事業者の専門知識、ノウハウ活用を目的に、民間実施団体設立の検討をREVICを交えて19年12月から始めていた。

 土地売買などに関する財源として見込む地域活性化ファンドは、観光資源の掘り起こしなどを目的にREVICが地域の金融機関などと出資する基金。これまでに、兵庫県篠山市の古民家再生や千葉県香取市の観光活性化事業などへの投融資の実績があるという。

 今後は、民間実施団体の設立に向け、市とREVICの出資額や具体的な事業内容、設立時期などに関する検討を続けるほか、収支予測も実施し、事業として成立するかを検証する。また、都市政策や都市デザイン、都市経営の専門家をアドバイザーに迎え、専門的見地からの助言を得ながら考えていく方針だ。

(北海道建設新聞2020年9月14日付9面より)


関連キーワード: 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,104)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,170)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,519)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,188)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,124)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。