道内地方都市進出に意欲 貸会議室大手TKPの河野社長

2020年09月16日 10時00分

河野社長

 貸会議室・レンタルオフィス全国大手、ティーケーピー(TKP)の河野貴輝社長は14日、北海道建設新聞の単独取材に応じ、旭川、函館など道内地方都市への進出意欲を明らかにした。同社は主にオフィス街の不動産を借り、時間貸し会議室などとして再活用する事業を展開。道内では札幌に15施設、帯広に1施設を構える。コロナ禍で遠隔会議やテレワークの拠点としての施設利用が増えたのを受けて、広域に市場を開拓する。

 河野社長は「広い北海道では各拠点都市を中心に当社サービスの需要は高い。よい物件があれば積極的に取り組みたい」と明言。対象となる不動産については「アクセスのいい立地が条件で、これを満たしていれば1部屋だけでも事業を検討できる」とした。

 同社施設は、多人数が集まる研修会場としてはニーズが激減した半面、十分なインターネット環境を持たない中小企業のウェブ会議拠点など利用が急増している。また、参加者同士の距離を空けたい小規模会議主催者からも問い合わせが続いているという。

 同社は世界的なレンタルオフィス「リージャス」の日本法人を昨春買収していて、出張者向けの期間限定事務所、シェアオフィスなどの需要にも対応する。「地方で行政機関主導のレンタルオフィスがうまくいっていない例も多いが、当社と一緒にやれば国内外のリージャス会員の来訪も期待できる」。貸会議室とレンタルオフィスの組み合わせなど、物件によって提供サービスを柔軟に決めるとしている。

(北海道建設新聞2020年9月15日付2面より)


関連キーワード: 不動産 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,448)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,035)
旭川―芦別間バス廃止で代替交通実証実験へ 旭川市...
2021年05月28日 (1,137)
カレスサッポロの医療センター 病院にホテルやオフィ...
2019年10月13日 (959)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (916)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 試される木造
道内へ忍び寄る
ウッドショック
new

ウッドショックの構造をひもとくとともに、対応に追われる道内企業の最前線に迫った。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。