石狩川流域の治水・利水施設が水遺産賞を受賞

2020年09月16日 14時00分

農業地帯形成貢献を評価

 15、16日の2日間、オンラインで開催されている国際水圏環境工学会アジア・太平洋地域部会(IAHR―APD)において、「石狩川流域の治水・利水施設」が「水遺産賞」に選定された。本道経済を支える農業地帯形成に貢献した功績が評価され、施設管理者である北海道開発局と道に賞状が贈られた。

 同部会は札幌市で開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を鑑みてオンライン上で開催した。

 「水遺産賞」は開催国の重要な水施設に贈られる賞で、1869年開拓使設置以来整備されてきた捷水路(しょうすいろ)、築堤や護岸など石狩川流域全体のさまざまな治水・利水施設を選定。治水による安全度向上のほか、排水性の向上で水田の耕作域が増大し、本道の経済的発展につながったと評価された。

(北海道建設新聞2020年9月16日付1面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 土木 治水

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,110)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,172)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,520)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,190)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,120)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。