誘客促進へ新施策 函館市が宿泊費補助などを視野

2020年09月17日 10時00分

 函館市の工藤寿樹市長は、14日の2020年第3回定例市議会一般質問で、今後1カ月以内に観光需要の喚起に向けた施策を新設することを明らかにした。宿泊費の補助などを視野に入れており、予備費や補助事業に関する不用額などを財源として活用する見込み。冬季の客足落ち込みに対応したい考えだ。

 藤井辰吉氏(市政クラブ)への答弁。これに先立ち、柳谷瑞恵観光部長が冬場の対策として「大規模で魅力的なインセンティブを有する事業を展開する」と表明していた。

 藤井氏は、新型コロナウイルス感染症の影響で冬季の客足の落ち込みが例年にも増して厳しくなるとの見通しを受け、市の対策をただした。

 現在、市はホテル宿泊者に、市内飲食店での食事券に利用できる函館市グルメクーポンを配布するなどの観光需要喚起策を進めており、工藤市長は「大変好評を得ているようだ」と手応えを述べた。

 その上で、新たな施策として宿泊料の低減や補助金のほか、グルメクーポンのような取り組みを想定していると説明。宿泊業界と議論しながら、今後1カ月以内に決める見通しを示した。

 財源に関しては、十分な額の予備費を確保していることに加え、当初見込みより申請が少ない補助事業があり不用額が発生する可能性を指摘。「こうしたものを整理しながら検討していきたい」と話した。

 藤井氏はこのほか、新しい生活様式対応店舗改修補助金の進ちょくと申請数についても質問。

 小売りや飲食・宿泊業などに対し、コロナ対策のための店舗改修費を100万円を上限に補助するもの。申請件数は100件を見込んでおり、市は「8月7日の募集開始から9月7日までに49件の申請があったほか、相談は600件に上っている」と回答した。

(北海道建設新聞2020年9月16日付11面より)


関連キーワード: 新型コロナ 渡島 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,245)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,548)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。