誘客促進へ新施策 函館市が宿泊費補助などを視野

2020年09月17日 10時00分

 函館市の工藤寿樹市長は、14日の2020年第3回定例市議会一般質問で、今後1カ月以内に観光需要の喚起に向けた施策を新設することを明らかにした。宿泊費の補助などを視野に入れており、予備費や補助事業に関する不用額などを財源として活用する見込み。冬季の客足落ち込みに対応したい考えだ。

 藤井辰吉氏(市政クラブ)への答弁。これに先立ち、柳谷瑞恵観光部長が冬場の対策として「大規模で魅力的なインセンティブを有する事業を展開する」と表明していた。

 藤井氏は、新型コロナウイルス感染症の影響で冬季の客足の落ち込みが例年にも増して厳しくなるとの見通しを受け、市の対策をただした。

 現在、市はホテル宿泊者に、市内飲食店での食事券に利用できる函館市グルメクーポンを配布するなどの観光需要喚起策を進めており、工藤市長は「大変好評を得ているようだ」と手応えを述べた。

 その上で、新たな施策として宿泊料の低減や補助金のほか、グルメクーポンのような取り組みを想定していると説明。宿泊業界と議論しながら、今後1カ月以内に決める見通しを示した。

 財源に関しては、十分な額の予備費を確保していることに加え、当初見込みより申請が少ない補助事業があり不用額が発生する可能性を指摘。「こうしたものを整理しながら検討していきたい」と話した。

 藤井氏はこのほか、新しい生活様式対応店舗改修補助金の進ちょくと申請数についても質問。

 小売りや飲食・宿泊業などに対し、コロナ対策のための店舗改修費を100万円を上限に補助するもの。申請件数は100件を見込んでおり、市は「8月7日の募集開始から9月7日までに49件の申請があったほか、相談は600件に上っている」と回答した。

(北海道建設新聞2020年9月16日付11面より)


関連キーワード: 新型コロナ 渡島 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,110)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,172)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,520)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,190)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,120)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。