応募件数過去最少で締め切り延長 旭川市住宅雪対策補助

2020年09月21日 15時00分

昨冬の少雪で需要減少 新型コロナの影響も

 昨冬の少雪で雪対策需要が減少か―。旭川市が毎年募集している「旭川市住宅雪対策補助制度」への応募が、ことし253件で過去最少となっている。市内住宅の融雪槽新設などを支援する制度で、ことしの応募は前年度より400件以上少なく、予算額5000万円のうち、50%に上る約2500万円が残っている。

 冬季に住環境の快適性と安全性を保つため、2016年度から続けている活動。市内業者による施工などを条件とし、融雪槽新設や無落雪屋根への改修といった30万円以上の工事に、一律10万円を補助している。

 毎年抽選になる人気の補助制度で、18年度からは募集を2期に分け、1期を4―5月、2期を7―8月で募集している。18年度は200件の募集に対し646件、19年度は400件に対し676件の応募があった。

 好調を受け、今回は募集を500件に増やしたが、期間内では半分程度の応募にとどまり、市は2期の締め切りを12月まで延長した。

 市の担当者が不調の原因に挙げるのは、昨冬の少雪。旭川市の昨冬の降雪量は402cmで、過去50年間で2番目に少なかった。担当者は「融雪槽などの使用機会が減ったため、雪対策の需要が減少したのでは」と分析する。加えて、新型コロナウイルス感染症による家庭への経済的影響も要因の一つとみている。

 市内業者での施工を条件としている背景には、地元の経済循環促進の狙いもある。市は広報誌やホームページ、SNSなどを活用して事業の周知を図っている。(旭川)

(北海道建設新聞2020年9月16日付10面より)


関連キーワード: 上川 除排雪・雪対策

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,065)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,234)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,191)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,714)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,316)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。