大樹町が役場庁舎の安全祈願祭

2020年09月28日 15時00分

無事完成誓い合う

 大樹町役場庁舎新築の安全祈願祭が23日、建設地[会員専用MAP↗]で開かれた。町や設計、施工業者などから30人が出席。2022年1月までと長丁場となる工事の無事完成に向け、一同は気持ちを引き締めた。

スキを入れる川田社長

 東本通33の高台にある現庁舎は1973年に完成。老朽化や耐震性の課題から庁舎北側敷地に建て替える。RC造、地下1地上3階、延べ2947m²の規模で総事業費は25億102万円。

 施工業者は4日に入札し、主体が川田工業・高橋工務店・菊池建設共同体、電気が勝海電気・北口電器商会・神山電気商会共同体、機械が奥原商会・北海道アルファ・田中工業共同体、地中熱設備が有我工業所・上野興設共同体に決まった。

 神主による祝詞奏上に続き、日本都市設計の武部幸紀社長がカマ、大樹町の酒森正人町長がクワ、川田工業の川田章博社長がスキを入れた。

 酒森町長は「新庁舎は町民の悲願で町のシンボルになる。長期間の工事となるが、関係者一同が無事に完成の日を迎えられたら」と期待した。

 川田社長は「施工に携わる5つの共同体が心を合わせ、町民の期待に沿えるような安全で素晴らしい工事を進めたい」と誓った。

(北海道建設新聞2020年9月25日付9面より)

e-kensinマップのご案内

 有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」「e-kensinマップ」では、庁舎建設に関する過去の記事や建設地周辺の地番図、地価などがワンストップでご覧いただけます。入会についてはこちらのページをご覧下さい


関連キーワード: 十勝 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 東宏
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,438)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,594)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,218)
札幌市が地下鉄駅リフレッシュを凍結
2020年10月22日 (1,087)
解体せず「静かに見守って」 百年記念塔設計者の井口氏
2020年10月07日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。