金山ダムと神居大橋が道内の「土木遺産」に

2020年10月01日 15時00分

 土木学会は、2020年度の選奨土木遺産を決定した。道内からは「金山ダム」と「神居大橋」の2施設が選出された。北海道支部は11月18日に札幌ガーデンパレスで認定書授賞式を開く予定だ。

道内から選出された金山ダム(上)と神居大橋

 土木遺産の認定制度は、顕彰を通じて社会や土木技術者へのアピール、まちづくりへの活用を促すことを目的に2000年度に創設した。20年度は選考委員会が全国から26カ所を選んだ。道内での認定は46カ所となる。

 「金山ダム」(南富良野町)は治水と農業、水道、発電の多目的ダム。北海道開発局が北海道総合開発計画の下、中空重力式構造やフロート式取水塔などの先駆的技術を採用して1967年に竣工した。

 旭川市が管理する「神居大橋」は1938年に竣工。神居古潭に架かる補剛桁式つり橋で全長は107・3㍍。竣工後も数回にわたって当初の木製補剛トラスの形式を継承しつつ改修し、かつての姿を今に伝える貴重な橋梁となっている。

(北海道建設新聞2020年9月30日付4面より)


関連キーワード: 土木 歴史的建造物

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,437)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,594)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,218)
札幌市が地下鉄駅リフレッシュを凍結
2020年10月22日 (1,087)
解体せず「静かに見守って」 百年記念塔設計者の井口氏
2020年10月07日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。