解体せず「静かに見守って」 百年記念塔設計者の井口氏

2020年10月07日 09時00分

小樽文学館で開催の座談会で

 塔は解体せず、手を加えずに見守ってほしい―北海道百年記念塔を設計した井口健氏は、3日に市立小樽文学館で開かれた座談会で、塔の在り方について自身の思いを語った。塔建設の経緯を振り返った上で、巨額を投じて解体を進めようとする道の方針に疑問を呈した。

塔の今後について自らの思いを訴えた井口氏

 1970年に完成した百年記念塔は近年、外壁パネルの穴開きやさび片の落下が確認されている。このため、道は2018年度に有識者らを交えた検討会議を経て解体を正式に決定。跡地には新たなモニュメントを設置予定で、5日付で解体の実施設計を公募型プロポーザルで公告した。一方、井口氏を含む建築家有志らは塔の建築物としての価値を重視し、解体方針の見直しを求めている。

 井口氏はこの日、玉川薫館長らとの座談会で、塔の設計原案が変更を余儀なくされたことに無念の思いを吐露。「道の予算内に収まらず、塔周辺に予定していた先人を慰霊する石造施設の建設を断念した。建築家としては非常に不本意だった」と話した。

 取り壊しの準備を進める道の姿勢に対し「このまま解体されれば、先住民への配慮を欠いたものとの印象が残ってしまう」と危惧。設計原案で提示した周辺施設の整備を望んでいるとした。また、道が解体費に約4億円を試算していることを受け「巨額の費用を投じて取り壊すのではなく、自然に朽ちていくのを静かに見守って」と訴えた。

 小樽文学館では11月29日まで「竣工50年北海道百年記念塔展」を開催。設計時の塔模型や設計図、塔をモチーフにした美術・文学作品を展示している。

(北海道建設新聞2020年10月6日付1面より)

北海道建設新聞2020年10月5日付1面には、百年記念塔解体についての関連記事(解体実施設計の公募型プロポーザル公告)が掲載されています。記事は本紙のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索」でもご覧いただけます。

本紙の購読については、こちらのページをご覧下さい。「e-kensinプラス」への入会についてはこちらのページをご覧下さい。


関連キーワード: 歴史的建造物 解体

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,437)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,594)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,218)
札幌市が地下鉄駅リフレッシュを凍結
2020年10月22日 (1,087)
解体せず「静かに見守って」 百年記念塔設計者の井口氏
2020年10月07日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。