道産木材で良い音を 帯広大谷短大が「カホン」製作

2020年10月11日 10時00分

十勝総合局森林室が材料提供

 道産木材で良い音を奏でよう―。帯広大谷短大は7日、授業の一環で道産材を使って打楽器のカホンを製作した。材料は、木育の普及啓発を進める十勝総合局森林室が提供。同短大の講師が学生ら13人に製作を指導し、完成後に大学内で演奏会を開いた。

カホンの仕上げ作業に取り組む学生

 道水産林務部の2020年度事業で、森林室と同短大が連携。木による楽器製作を通じた木育普及啓発として授業に採り入れた。木育マイスターでもある社会福祉科の長崎結美講師と、同科子ども福祉専攻の高橋由紀雄講師、両講師のゼミ生ら13人が参加した。

 材料は道産材を使ったシナ合板。造形などの授業を担当し、打楽器に詳しくカホンの製作経験もある高橋講師が指導に当たり、サウンドホールの位置の取り方などを説明。学生らは半日かけて高さ40cm、幅24cm、奥行き28cmのカホンを作り上げた。

 完成後は同短大アリーナで演奏会を開いた。川西博史森林室長ら森林室職員や他の学生に、ピアノとカホンによるアンサンブルでディズニーメドレーなどを披露した。

 音楽の授業を担当し、音楽と木育をゼミのテーマとする長崎講師は「これまでも授業の一環で道産材のウッドブロックやバードコールを作ってきた。身近にある木を使うので、学生たちが樹木や自然に興味を持つきっかけになっている。カホン製作では板が打楽器になる面白さを学んでほしい。保育の現場では打楽器が子どもに大人気なので、将来は現場で使ってもらえれば」と話している。(帯広)

(北海道建設新聞2020年10月9日付9面より)


関連キーワード: 十勝 林業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,437)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,594)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,218)
札幌市が地下鉄駅リフレッシュを凍結
2020年10月22日 (1,087)
解体せず「静かに見守って」 百年記念塔設計者の井口氏
2020年10月07日 (1,022)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。