低価格の「車両消毒装置」製造・販売 北海バネ

2020年10月14日 15時00分

家畜防疫商品をパッケージ化 利便性向上へ

 北海バネ(本社・小樽)は、家畜伝染病の防疫対策で低価格の「車両消毒装置」を製造・販売する。消毒液を上下左右24個のノズルで車両に噴霧し、牛や豚、鶏に有害なウイルスが外部から持ち込まれないよう水際で防御する。ウイルスを媒介する野生イノシシの侵入を防ぐため、防護柵の設置を支援する動きが全国で広がる中、スチール柵や防犯カメラを取り扱うなど防疫商品をパッケージ化することで、畜産業者の利便性を高める。

安価で設置が大がかりにならない車両消毒装置

 車両消毒装置は、単管パイプに噴霧ノズルを取り付け、動力噴霧器によって2系統から圧力をかけ、農場に入る車両を消毒する。噴霧ノズルは上部4個、左右各7個、下部6個の合計24個を用意。オプションでは、寒冷地向けに消毒液が凍らないよう集中水抜き制御システムを用意する。

 ゲートは高さ、幅とも4m。動力噴霧器は200電源で動く。ノズルの噴霧能力は1分間に最大28㍑となっている。価格は工事費を含め170万円(税抜き)から。基本は同社社員による責任施工で設置する。

 もともとは、2010年に宮崎県南部などで広まった口蹄疫(こうていえき)をきっかけに開発した。ビート収穫に使うチェーンロードなど農業用スプリングを製造していて、農家から「安価で簡単に設置できる消毒装置を作れないか」と要望を受けて製品化。当時は20件ほどに納入した。

 その後、18年に岐阜県の養豚場で豚コレラが確認され、再注目されるようになった。最近はアジアを中心にアフリカ豚コレラという疫病も発生していて、意識の高い農家を中心に引き合いは強いという。

 農林水産省では、豚コレラやアフリカ豚コレラを媒介する野生イノシシ対策として、農場周囲への囲い柵設置などを支援。こうした背景から北海バネも車両消毒装置に加え、柵や防犯カメラを取り扱い、農家の防疫対策をパッケージ化して支援サービスを強化する方針だ。

 柵は日鉄建材グループの製品で、高い動物侵入効果を発揮。防犯カメラはさまざまなタイプを用意し、施設の状況をスマートフォンからリアルタイムで確認したり、遠隔から録画操作できたりする仕様などを用意する。

 伊藤和正常務は「車両消毒装置は長く扱ってきたこともあって、農場それぞれのニーズに細かく応えられるのが強み。全国の養豚農場に口コミで広がれば」と話す。

(北海道建設新聞2020年10月13日付3面より)


関連キーワード: 後志 畜産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (11.9k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (3.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.8k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.4k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.3k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第198回は「お正月のお酒」。休息や水分の補給を充分にとりながら、お家でゆっくり楽しみましょう。