官民連携で清田地区拠点機能向上へ イオン平岡強化を核に

2020年10月16日 15時00分

 札幌市は、地域交流拠点に位置付けている清田地区の拠点機能を向上させるため、官民連携によるまちづくりの基本的な考え方をまとめた。イオンモール札幌平岡の機能強化などを核に清田、平岡両地区の連携を強め、官民でまちづくりをする姿勢を明示。清田区総合庁舎などがある清田地区の拠点機能向上を図るため、近接する平岡3条5丁目地区との連携を進める考えだ。(2020年10月15日付2面に関連記事)

 14日の市議会第1部決算特別委員会で、村瀬利英まちづくり政策局プロジェクト担当部長が明らかにした。市は、この基本的な考え方について11月にもパブリックコメントを募集する方針だ。

 清田地区の取り組みとして、区役所周辺のにぎわい・交流創出に向け、市民交流広場の機能拡充といった効果的な手法を検討。区民センターの将来的な建て替えについては、区役所周辺への移転を原則として検討するなどの方針を示している。

 一方、連携を図る平岡3条5丁目地区は、イオンモール札幌平岡の機能強化を核として、地域のイベントなどに活用できる広場やホール整備を構想。地域とイオン北海道、市が一体となって継続的に活用する仕組みを検討し、地域まちづくりの担い手育成につなげる。

 両地区の取り組み効果を波及させるため、両地区間の移動手段の充実なども検討する。

(北海道建設新聞2020年10月15日付12面より)

関連記事

e-kensinプラスに入会されている方は、下記リンクより関連記事を閲覧いただけます。

イオン札幌平岡が機能集約で増築へ

※関連記事の閲覧には事前にe-kensinプラスへのログインが必要です。

本紙購読・有料会員サービスのご案内

この記事の関連記事は、北海道建設新聞2020年10月15日付2面に掲載されています。購読についてはこちらのページをご覧下さい。

記事は本紙のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索」でもご覧いただけます。「e-kensinプラス」への入会についてはこちらのページをご覧下さい。


関連キーワード: さっぽろ圏 商業施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,520)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,316)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,544)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,106)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,726)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。