千歳69%の大幅増 20年度上半期の生コン出荷量

2020年10月21日 10時00分

ファイターズのボールパーク建設などが要因 道内は186万m³で3%減

 2020年度上半期(4―9月)の道内生コン出荷量は官民合わせて186万2150m³で、前年度同期に比べ3%落ちた。低調だった4―6月が影響し、最大市場の札幌は6.3%減の50万3232m³にとどまった。千歳は北海道日本ハムファイターズのボールパーク(BP)建設などが要因で、69.4%の大幅増となった。苫小牧や小樽も前年度を上回った。

札幌は民需の出足が鈍かった

 北海道生コンクリート工業組合のまとめ。全道出荷量のうち官需は75万8526m³で、7.3%増、民需は110万3624m³で9%減となった。

 地域別では、南北海道(木古内や江差)と小樽、西胆振(伊達や洞爺湖)、苫小牧、日高、千歳、空知、北根室、北見、西十勝(清水や鹿追)、旭川、上川北部、南宗谷(枝幸や浜頓別)の13カ所が前年度同期を上回った。

 旭川は、民需が10.7%増の5万7365m³と高水準だった。トミイチ(本社・旭川)の冷凍食品用保管庫や、日本ハム北海道ファクトリー(同・旭川)の本社工場移転などが要因となった。今後もツルハホールディングス(同・札幌)の複合施設やフージャースコーポレーション(同・東京)のヘルスケアコンドミニアムなどを抱える。官需は旭川市の総合庁舎建て替え新築などに期待が集まる。

 小樽は北海道新幹線札幌延伸に関係したトンネル工事で、官需が53.6%増の3万8900m³と好調だった。千歳も北海道日本ハムファイターズのボールパーク建設が幸いし、民需は77.6%増の8万152m³と高水準を付けた。

 札幌は、官需が6万6674m³で11.8%減、民需は43万6558m³で5.4%減となった。新型コロナウイルスの影響もあってか、4―6月の低水準が響いた。8月は前年度並み、9月は前年度よりも多かったものの、期初のスロースタートを挽回するまでには至らなかった。

 大型物件はコストコ石狩倉庫店や新さっぽろ駅周辺地区再開発、JR貨物などのマルチテナント型物流施設、札幌駅北口8・1地区再開発などを抱える。ただ「現状、契約残が昨年より10%ほど少ないのは気掛かり」(札幌生コンクリート協同組合)と危機感を持っている。

 苫小牧は、官需が7万3874m³で17.8%増、民需は7万3066m³で28.9%増と好調だった。双日と日本製紙によるバイオマス発電所やダイナックス(本社・千歳)の第6工場新築、クボタの大型倉庫などが要因となった。

 今後の動向について、道生コン工組では「札幌の低調な民需は気掛かりだが、道内全体では19年度の347万m³近くまで積み上がりそう」とみている。

(北海道建設新聞2020年10月20日付3面より)

北海道建設新聞2020年10月20日付3面には、29地域ごとの上半期生コン出荷量、官公需、民需といった内訳、前年度同期比などをまとめた表を掲載しています。本紙の購読については、こちらのページをご覧下さい。


関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 古垣建設
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.3k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.8k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.6k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.5k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 空き家で拓く未来

空き家で拓く未来
道内の空き家を巡る状況が変化している。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第195回は「オフィスでの感染対策」。マウスやキーボードの消毒や、室内の換気をこまめに行いましょう。