悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会

2020年10月24日 10時00分

交通安全性向上、物流効率化に期待

 悲願の新天塩大橋が完成、交通の安全性向上や物流効率化に期待―。天塩町と幌延町は19日、留萌開建と稚内開建が進めている国道40号天塩防災で、新天塩大橋(橋長506m)が完成したことを受け現地で現場見学会を開いた。両町の首長や町議会議員、留萌・稚内開建職員、工事関係者ら28人が出席し、新たな交通ネットワークの誕生を祝った。

「天塩大橋」と刻まれた橋銘板を取り付ける佐々木町長

 佐々木裕之天塩町長は「1957年に旧天塩大橋が完成する以前は、渡船による河川の交通があったと聞いている。そういった歴史を思い返し、先人の思いを受け継いでいく。新天塩大橋は、旭川と稚内を結ぶ交通ネットワークで心待ちにしていた」とあいさつ。

 野々村仁幌延町長は「新たな橋梁は悲願だった。道路幅員は拡張され歩道も設置された。大型車両の交差もできるようになり、さらにサイクルツーリズムなど車以外の移動手段をもたらす」と、観光振興にも寄与することを強調した。

 留萌開建羽幌道路事務所の児玉浩文所長は工事報告で「桁の形式が橋の中央部で変わるため、通常は継ぎ目を設けるが異なる形式の桁同士を結合して、継ぎ目を解消し走行性向上などを図った」と新橋の特長を解説。

 佐々木町長と野々村町長が橋銘板を取り付けた後、出席者は完成間もない新橋を歩き、下流側に望む旧橋と利尻島の景色などを楽しんでいた。

 天塩防災は、天塩町オヌプナイから幌延町元町までの約13㌔で2008年度に事業化。天塩大橋架け換えは13年度に着工し、旧天塩大橋から東側約940mに架設。橋長が506m、全幅が13・5m。留萌開建と稚内開建は、天塩大橋架け換えが完了したことを受け、30日午前11時から天塩町ウブシ―幌延町幌延間1・6㌔区間のルートを変更する。(留萌、稚内)

(北海道建設新聞2020年10月21日付8面より)


関連キーワード: 宗谷 橋梁 留萌 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.4k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.2k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 道央3市
にぎわい取り戻せ
new

道央圏3市の商工会議所、商工会のトップに、現状の打破とにぎわい回復に向けた取り組みについて聞く。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。