ブドウ盗難被害の保育園に自社農園のピオーネを 上田組

2020年10月25日 10時00分

 子どもたちを笑顔にしてあげたい―。上田組(本社・標津)は21日、子どもたちが収穫を楽しみにしていたヤマブドウの盗難被害に遭った標茶町立ひしのみ保育園に、自社農園で採れたブドウをプレゼントした。

遠藤部長が子どもたちにブドウを手渡した

 標茶町塘路地区にある同園は園児数6人。敷地の境界沿いに設置されたフェンスにはヤマブドウがツルを絡ませ、毎年この時期に実を付けている。

 21日に町内の沼幌へき地保育所に通う子どもたちとの交流会が開かれるため、一緒にブドウ狩りをしようと一部にネットを掛けて保護していたが、19日朝に職員が出勤するとそれらがほぼ摘み取られていた。

 20日にテレビで流れたそのニュースを出張先で見た上田修平社長は「うちのブドウで子どもたちを笑顔にできないか」と考え、遠藤直人営業部長に連絡。翌日、同社がビニールハウスで栽培している4種類のブドウのうち、食べ頃を迎えたピオーネ10房を朝7時に収穫し、すぐに同園へ向かった遠藤部長が一人に一房ずつ手渡した。

 同園の小野寺智恵主任は「心ない人もいるが、優しい人もいるということが身に染みた。涙が出そうなほどありがたい申し出」と感謝していた。

 遠藤部長によると、同社では1000房の収穫が見込まれる2022年からブドウの本格販売に乗り出す方針。ことしは例年実施している地元の子どもたちを招いてのブドウ狩りが新型コロナウイルスの感染拡大で実施できないため、社員や地域に配布する予定だったという。(釧路)

(北海道建設新聞2020年10月23日付7面より)


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.1k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1.1k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。