ブドウ盗難被害の保育園に自社農園のピオーネを 上田組

2020年10月25日 10時00分

 子どもたちを笑顔にしてあげたい―。上田組(本社・標津)は21日、子どもたちが収穫を楽しみにしていたヤマブドウの盗難被害に遭った標茶町立ひしのみ保育園に、自社農園で採れたブドウをプレゼントした。

遠藤部長が子どもたちにブドウを手渡した

 標茶町塘路地区にある同園は園児数6人。敷地の境界沿いに設置されたフェンスにはヤマブドウがツルを絡ませ、毎年この時期に実を付けている。

 21日に町内の沼幌へき地保育所に通う子どもたちとの交流会が開かれるため、一緒にブドウ狩りをしようと一部にネットを掛けて保護していたが、19日朝に職員が出勤するとそれらがほぼ摘み取られていた。

 20日にテレビで流れたそのニュースを出張先で見た上田修平社長は「うちのブドウで子どもたちを笑顔にできないか」と考え、遠藤直人営業部長に連絡。翌日、同社がビニールハウスで栽培している4種類のブドウのうち、食べ頃を迎えたピオーネ10房を朝7時に収穫し、すぐに同園へ向かった遠藤部長が一人に一房ずつ手渡した。

 同園の小野寺智恵主任は「心ない人もいるが、優しい人もいるということが身に染みた。涙が出そうなほどありがたい申し出」と感謝していた。

 遠藤部長によると、同社では1000房の収穫が見込まれる2022年からブドウの本格販売に乗り出す方針。ことしは例年実施している地元の子どもたちを招いてのブドウ狩りが新型コロナウイルスの感染拡大で実施できないため、社員や地域に配布する予定だったという。(釧路)

(北海道建設新聞2020年10月23日付7面より)


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 日本仮設
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.3k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.8k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.6k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.5k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 空き家で拓く未来

空き家で拓く未来
道内の空き家を巡る状況が変化している。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第195回は「オフィスでの感染対策」。マウスやキーボードの消毒や、室内の換気をこまめに行いましょう。