1203橋に343億円 札幌市が橋梁長寿命化修繕計画改訂

2020年10月30日 15時00分

20年間の事業費見通し示す

 札幌市建設局は、橋梁長寿命化修繕計画を改定し、2020年度から20年間の事業費見通しを示した。点検結果などから補修時期を精査し、平準化した結果、20年度の約40億円をピークに、25年度にかけて段階的に減少していき、25年度以降は毎年度10億―15億円程度で推移する見込み。20年間の整備対象は合計1203橋で、事業費に343億円を試算している。

 10年度に策定した同計画は道路維持管理基本方針に基づく施設別補修計画で、直近では17年度に改定。今回は、橋梁の定期点検が18年度で一巡したことを受け、優先順位を見直して9月に改定した。

 対象橋梁は1285橋。重要橋梁が571橋、一般橋梁が714橋という内訳になっている。重要度と健全性に応じて4分類し、短期計画(20―24年度)、中期計画(25―29年度)、長期計画(30―39年度)のリストを策定した。

 短期計画には、180橋を盛り込み、事業費に約145億円を試算。短期、中期計画では合計413橋を対象に、約201億円を投じる予定だ。

 長期計画の10年間は790橋、約142億円を見込む。この期間は事業費が微増で推移し、修繕橋梁数も増加するとみている。約70%が事後保全となる小規模な橋梁で、33年度以降は年間80―90橋程度となる見通し。

 この計画を推進することで、従来の維持管理に比べ、今後50年間で約1100億円、対症療法的な維持管理と比較して約2830億円のコスト縮減効果があると試算している。

(北海道建設新聞2020年10月29日付12面より、WEB掲載にあたり一部を抜粋)

 北海道建設新聞2020年10月29日付12面では、短期計画の区別対象橋梁となっている180橋を、区ごとの箇所付けで掲載しています。

 本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 記事は紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい


関連キーワード: さっぽろ圏 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.1k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1.1k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。