深掘り

 地域経済の成長には、新たな技術シーズを生み出すだけではなく、その技術を発展させたビジネスの創出が欠かせません。〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想やアイデアを紹介します。

深掘り 三洋興熱 笹井祐三社長

2020年11月02日 10時00分

笹井祐三社長

管工事、レベルアップへ

 三洋興熱(本社・帯広)が立川工業(同・札幌)の全株を取得した。管工事業者として3社目で札幌は初めて。十勝管内で数多くの設備工事に携わってきた企業としてここ数年、道内他地域の業者と手を携える背景にはどんな狙いがあるのか。笹井祐三社長(76)に今後の展開を聞いた。

 ―三光工業(本社・帯広)、ハチロ(同・留萌)に続き3社目となる。その狙いを。

 立川工業とは仕事での直接的な関わりはなかったが、仲介者を通して承継先を探していると知った。創業65年を迎える老舗業者で、当社より早く管工事に携わり、札幌市発注工事を中心に取り組んできた。しかし、100周年を目指すには互いに今後の成長が鍵を握り、相互発展のビジョンを考える必要があった。

 ―具体的には。

 業界の大きな課題である技術者不足への対応だ。人材確保が難しい中、資格があって現場経験が豊富な技術者とパートナーシップを結べたのは大きかった。

 加えて札幌圏での情報確保が可能になる。十勝管内で仕事をしてきたため、他地域の工事や技術的情報は限定的だった。管外での業務拡大を検討する上で、こうした情報の有無は大きな差になると考えている。

 ―業務提携と捉えるのはなぜか。

 全株を取得すると形の上では完全子会社化となるが、業務提携という言葉がふさわしいと思っている。それは〝親子〟という上下関係ではなく、共に手を取り合う〝兄弟〟のような関係だ。

 契約後には立川工業の役員らの前で会社の屋号も待遇も変わらないことや、互いの良いところを発揮して伸ばしたいという思い、成長戦略の成果が出た際には社員に還元したい気持ちを伝えた。両社の持つ技術や情報を共有し、共に成長することが主眼だ。トップダウンで何かをしてもらうということではない。

 ―これまでの企業との関係性は。

 当社は創業精神に「和合」を掲げ、社内のチームワークを大切にし、仕事を進めてきた。理想はわが社と提携各社が手を握り、横並びで前へ歩むイメージだ。先に提携した2社とは今も良い関係で仕事や情報共有ができている。

 ―今後の目標を。

 今回の提携でグループの完工高は約23億円に上ったが、これで終わりではない。まだまだ互いに成長の余地はあると思う。新たな成長目標と実現に向けたビジョンを定め、管工事で道内中堅より上の位置を目指したい。
 業務提携については、企業課題として技術者不足や事業承継を掲げるところがある。今回はその両方で手を携えた形だ。それぞれの悩みを抱える企業は少なくないし、管工事業界を見ても同様のケースが起こり得ると思う。
 道内の地域で頑張っている管工事業者がいればネットワークを持ちたい気持ちはある。相乗効果を期待できるのであれば手を広げたい。

(聞き手・太田 優駿)

笹井祐三社長(ささい・ゆうぞう)1944年4月27日、幕別町生まれ。67年一橋大経済学部卒、トヨタ自動車入社。75年から三洋興熱に取締役として入り、79年に創業者である父・四郎氏から引き継ぎ社長に就く。帯広商工会議所議員会長なども務める。

(北海道建設新聞2020年10月30日付3面より)


深掘り 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.4k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。