空き家で拓く未来

 道内の空き家を巡る状況が変わってきた。民間事業者の関わりが増え、障害者グループホームや外国人技能実習生の住まい、さらにはコロナ禍を背景とした地方移住・滞在希望者の受け皿など、活用方法が多様化している。空き家対策特措法の施行から5年過ぎたが、空き家の多くは依然として放置されたまま。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

空き家で拓く未来(中)新たな価値を創造

2020年11月05日 12時00分

飲食店、実習生寮、民泊 人呼び込む

 「カレー店、ラーメン店、クレープ店、障害者グループホーム、技能実習生の寮、全て空き家を活用して始めた」―屋根のナミキ(岩見沢)の川原悟社長(41)は、無人の建物から新たな価値を生み出した多くの実績を持つ。これまで取得した空き家は、本業の家屋修繕で知り合った街の人たちや、仕事仲間の情報提供によるもの。自前の建築技術を生かしてリノベーションし、事業多角化の場として利活用している。

 発端は2014年。自社工場新築のため購入した岩見沢市内の土地に、築30年ほどの空き家が残っていた。川原社長は「活用しなければもったいない」と直感し、ここで大好きなスープカレーの店を開こうと思い立った。

 「工場用地は空き家解体費を除いて安く取得できた上、自社で工事したので初期投資があまりかからなかった」。こうしてオープンした「スープカレーくーかい?」は、土日になれば100人以上の客が訪れる地域の人気店に成長した。

 店の繁盛とともに「空き家をうまく使う板金業者がいる」とのうわさが立ち、物件所有者から相談が相次ぐようになった。その中から好立地の物件を選び、飲食店からグループホームまで次々と事業展開した。

 最近では19年春、自社で雇う外国人技能実習生の住まいとして空き家を整備した。インドネシア人とベトナム人で計6人。「狭い部屋に詰め込むことは絶対にしたくない」と、戸建て2棟を確保した。すると、快適そうな実習生の様子をSNSで見たインドネシア出身者から、就労希望の連絡が舞い込んだ。新たに特定技能外国人として受け入れることになり、目下3棟目の住宅を整備中。もちろん空き家だ。

 人口が減りホテルや旅館がなくなった地方では、宿泊インフラとしての空き家活用に期待がかかる。道東の美幌町では9月、町が募った補助金申請に町内の不動産業、マースが手を挙げた。

 募集は、空き家を民泊などとして整備し、移住体験に向けて5年間活用する町民や事業者に、最大500万円を補助する内容だ。マースは築52年の古民家を取得済み。補助金を活用して民泊にリノベーションする計画を立案。増田昭春社長(47)は「何もしなければ解体されていた建物だが、町全体を見渡せる高台にあり、手を加えれば民泊として生かせる」と意欲的だ。

 マースは設立からまだ2年の若い企業だ。地元に不動産業者がいないことを危惧した増田社長が起業。少子高齢化が進む町内で、空き家の流通・活用という理想を描く。同社の社屋もまた、空き家だった物件だ。

美幌町内の空き家活用を描く不動産業者マースの社屋もかつて空き家だった

維持管理代行、ふるさと納税返礼に

 誰も住んでいない建物をどう維持管理するか。ここに目を付けた民間ビジネスも広がりつつある。北見市に本社を構え、美幌も営業エリアとする不動産業者セクトは、月額5000円から簡易清掃、建物の目視点検、換気、通水など空き家管理を請け負うサービスを展開している。

 同社は昨年、L&F(千葉)が運営する空き家管理の全国ネットワーク「日本空き家サポート」に加盟して事業を開始。セクトの浜口雅之常務は「まだ受注件数は少ないが、物件所有者と接点を持てることで今後につなげられる」と将来性を語る。

 こうした動きから着想を得た美幌町は、この空き家管理サービスを全道で初めてふるさと納税の返礼品とする方針だ。町外に住む空き家相続人らに適切な管理を促す狙いで、本年度内にも実現する。

 空き家に次なる展開をもたらすには、物件を流通させる仕組みづくり、またそのための関係者間の連携が必要になる。そうでなければ、「地域に眠る宝」を見逃すことになりかねない。

(北海道建設新聞2020年10月27日付1面より)

関連記事

深掘り 屋根のナミキ 川原悟社長(2020年11月25日)


空き家で拓く未来 一覧へ戻る

(本連載は経済産業部の宮崎嵩大、武山勝宣、吉村慎司、空知支社の荒井園子、室蘭支局の高橋秀一朗、網走支局の堀内翼、福田浩平が担当しました)

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.4k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。