技能五輪全国大会目前 旭川高等技専生が最後の訓練

2020年11月11日 15時00分

家具部門に出場の吉田さんと会田さんが追い込み

 第58回技能五輪全国大会の家具部門に出場する旭川高等技専2年の吉田理玖さん(20)と杏和建具(本社・旭川)の会田サキさん(20)は7、8日の2日間、旭川高等技専で大会前最後の訓練に臨んだ。本番同様の時間制限の中、課題のキャビネット製作に取り組み問題点を抽出するなど追い込みを掛けた。

全国大会に出場する吉田さん(右)と会田さん

 ことしの大会は13―16日に愛知県で開催する。家具部門の製作課題はキャビネット。競技は2日間で、初日は脚部と上部造り、2日目に引き出しや扉などを仕上げる。

 7日の訓練を終えた吉田さんは、「脚部の出来は今までで一番良かったが、上部の天板や側板に微妙なずれがある。明日どこまで追い込めるかが鍵」と回顧。会田さんは「時間内に脚部が完成しなかった。これでは加点されない」と作業手順の見直しを追求した。

 吉田さんは木材のざらつきなどを取る仕上げ作業を武器とし「接戦になったときは細かな部分が勝敗を左右する」とみている。また「初出場なので僕への注目は低い。世界大会の出場機会も今大会が最後なので、何としても金賞を獲得したい」と気負わずに高見を目指す。

 2年連続出場の会田さんは、「昨年は入賞できなかった。前回以上の成績を収めることが第一目標」と話す。タモ材で扉を三角模様装に装飾する突き板張りを得意とする。「焦らず自分のペースで作業できれば」と本番を見据える。

 金賞獲得、前回の自分を超える。それぞれの思いを胸に決戦の舞台に挑む。(旭川)

(北海道建設新聞2020年11月10日付8面より)


関連キーワード: 学校 技能

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,139)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,113)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,702)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,468)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。