忠類協徳の町有地1.9万m²を2事業者に売却 幕別町

2020年11月17日 10時00分

 幕別町は、公募していた忠類協徳にある町有地6区画、計1万8661m²の売却先を町内の2農業事業者に決めた。しんじゅ(忠類朝日69、森神寿裕社長)に1区画、2500m²、農事組合法人ウエストフィードアシスト(忠類西当3の2、渡辺靖之代表理事)に5区画、1万6161m²を売り払う。

 帯広広尾自動車道忠類IC―忠類大樹ICの中間部で、道路の西沿いに位置する旧国鉄用地。1987年の広尾線廃止後に当時の忠類村へ払い下げられたが、遊休地となっていた。

 手を挙げたのは決定した事業者のみで、事業計画は非公表。しんじゅは営農コンサルや酪農ヘルパーといった酪農支援事業を手掛け、ウエストフィードアシストは地域の酪農家7戸で組織している。

 土地は現状有姿で引き渡す。新規事業や事業拡大のために500万円以上を投資して施設を整備し、町民の雇用にも積極的に取り組むことを求める。資材置き場や太陽光発電システム設置、駐車場といった土地のみの利用は認めていない。

 しんじゅとは222万5000円で契約済み。ウエストフィードアシストへの売却価格は1307万1000円で議会承認が必要なため、30日開会予定の12月定例会に諮る。

(北海道建設新聞2020年11月16日付7面より)


関連キーワード: 十勝 土地売却

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.3k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.8k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.6k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.5k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 空き家で拓く未来

空き家で拓く未来
道内の空き家を巡る状況が変化している。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第195回は「オフィスでの感染対策」。マウスやキーボードの消毒や、室内の換気をこまめに行いましょう。