ガーデンフェスタのシンボルマーク投票を受け付け 恵庭市

2020年11月25日 15時00分

 恵庭市は、2022年に開かれる第39回全国都市緑化北海道フェア「ガーデンフェスタ北海道2022」のシンボルマークの投票を12月18日まで受け付けている。対象は北海道や恵庭、花などをモチーフにした3案で、誰でも投票可能。結果は21年1月下旬に発表する予定だ。

 全国都市緑化北海道フェアは花・緑に関する国内最大級のイベント。恵庭市、北海道、都市緑化機構が主催し、市内にある花の拠点「はなふる」をメイン会場に22年6月下旬から1カ月程度開く。

 基本方針には、北海道ならではの花とガーデンの魅力で人々を感動させるフェア、花のまちづくりを次の世代に継承するフェアなどを掲げている。シンボルマークは市内のデザイン会社がフェアのイメージを基に考案した。

A案

 A案は開催地の恵庭を中心に都市緑化の広がりを描き、一目で分かるようシンボルを北海道の形にした。

B案

 B案は花や緑に椅子を加え、交流の場を表現。花とガーデニングのまちを象徴するデザインとなっている。

C案

 C案は日常に根付く北海道が育んだ木や草花、自然を介した人々の交流を、北海道の形をした樹木の実りとして表した。

 都市緑化北海道フェアホームページから投票することができる。

 問い合わせは経済部全国都市緑化北海道フェア準備室、電話0123(33)3131まで。

(北海道建設新聞2020年11月24日付10面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 造園

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。