道東道夕張IC内でロータリー除雪車の自律走行を実演

2020年11月27日 15時00分

準天頂衛星システム「みちびき」を活用

 東日本高速道路北海道支社は25日、準天頂衛星システム「みちびき」を活用したロータリー除雪車の自律走行を道東道夕張IC内のテストフィールドで公開実演した。乗車するオペレーターがステアリングやブレーキに触れない状態で、ロータリー除雪車が設定されたコースを自動で走行し、路側帯との距離を調整したり、構造物を避ける様子を披露した。

衛星から送られた位置情報を基に白線に沿って自律走行するロータリー除雪車

 同支社は、事前に作成した高精度地図情報と衛星から送られる信号を組み合わせ、車両の正確な位置を運転席のモニターに表示する除雪車運転支援システムを2017年に開発。19年からはシステムを活用しロータリー除雪車の自動化に向けて開発を行ってきたが、ことしの秋に自律走行が実現した。雪氷対策高度化システムの総称を「ASNOS(アスノス)」と名付け、さらに開発を進める考えだ。

 ロータリー除雪車は、時速3㌔ほどのスピードで路肩部を除雪するが、雪に隠れて白線が見えなかったり、ガードレールや非常用電話などを避けなければならずオペレーターは熟練した技術が必要だ。自動化が実現することで、労働人口減少や熟練者の引退で担い手が不足する状況でも、安全で効率的な除雪体制が可能となる。

 市川敦史技術部長は「さまざまな雪氷対策を行っているが、いかに効率的に省力化できるかという点で自動化を進めている」と説明。準天頂衛星で特殊車両を自律運転する試みは国内外でも珍しいと強調した。

 今後は投雪装置の改良などさらに開発を重ね、22年度内のロータリー除雪車自動化完成を目指している。

(北海道建設新聞2020年11月26日付1面より)


関連キーワード: ICT 除排雪・雪対策

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,128)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,326)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,219)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,736)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,330)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。