札幌管区気象台の高層気象観測塔解体へ

2020年12月16日 15時00分

消えゆく風景

 「勤め始めてからずっとあったものなので、なくなるのは寂しいですね」―。札幌管区気象台の池田冬彦調査官がこう話すのは、庁舎横にそびえ立つ高層気象観測塔のことだ。気象レーダー塔として誕生し、役割を変えながら存続してきたが、時代の流れや老朽化には逆らえず、解体が決定。今は取り壊しが始まるのを静かに待っている。

来年2月上旬までかけて少しずつ解体していく

 同気象台に気象レーダー塔が建てられたのは1977年。気象レーダーは電波を発射し、その跳ね返りで雨雲などを観測するため、周囲が開けていることが絶対条件となる。もともとは庁舎屋上に設置されていたが、札幌の都市化が進み始めたことをきっかけに、より高さを求め約50mの気象レーダー塔建設が決まった。

 建設当時は、周囲に電波を遮る高層建築物はなかったが、平成の時代に入り札幌は都市化を加速させ、塔の高さでも限界が訪れる。95年、気象レーダーは小樽市郊外の毛無山へ移転され、第一の役目を終えた。

 その後、塔は新たな役目を与えられ、高層気象観測塔として生まれ変わる。朝晩2回、気象台敷地内から上空約30㌔まで気球で飛ばされるラジオゾンデ(気象観測機器)が発する情報を受信。「きょうは真冬並みの寒気が入り…」と普段耳にする天気予報はこの情報を利用している。

 こうして25年間、高層気象観測の役割を果たしてきたが、表面剥離など老朽化が進み、2020年、ついに解体が決まる。札幌の都市化を見つめ続けた塔は、役目を後進に譲り、16日ごろから解体が始まる予定。高層気象観測の受信施設は、技術の進歩により、現在の塔ほどの高さを必要としなくなったため、気象台庁舎の屋上に移転された。

 技術の進歩、進む大都市化―。時代の変遷とともに、まちの風景が目まぐるしく変わる中、札幌に残っていた歴史ある建造物がまた一つ失われていく。

(北海道建設新聞2020年12月15日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 景観

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。