函工生製作の函館駅前模型が完成

2020年12月23日 15時00分

親しまれるまちづくりを提案

 函館工高の生徒の手による函館駅前の街区模型がこのほど完成した。二本柳慶一建築研究所(本社・函館)の指導の下、製作を進めてきたもので、18日に同社関係者や報道機関向けに披露。商業施設の充実や歩きやすい設計など、観光客だけでなく地元住民にもより親しまれるまちづくりを提案した。

模型の完成に達成感を味わう生徒と指導に当たった二本柳慶一建築研究所の尾田圭輔さん(左端)

 建築科3年生の課題研究という授業の一環で、将来、建築設計の道に進む生徒たちへまちづくりの魅力を肌で感じてもらおうと初めて企画した。

 現地調査や、同社が保有する設計データを基に、若松町から大森町に至る駅前一帯の地域の模型を600分の1の縮尺で作り上げた。スタイロフォームの加工による建物は、飲食店やホテル、商業施設など、その役割ごとに色を変えるといった工夫を凝らしている。

 この日はプレゼンテーションで模型を活用しながら研究成果を発表した。空き地や駐車場が目立つことや、居酒屋などが多い半面、若者が魅力を感じるような商業施設や娯楽施設などが少ないことを指摘。こうした施設を充実させる必要性や、ヨーロッパの繁華街に見られるようなアーケードを設置し、気軽に歩いて回れるようにすることなどを提案した。

 発表を終えた生徒たちは「自分たちの住むまちの改善点を友達と話すきっかけにしたい」「函館にも良いところはたくさんある。どうすればそれを伸ばせるかや人が集まるようにするかを考えたい」と話していた。

(北海道建設新聞2020年12月22日付15面より)


関連キーワード: まちづくり 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,135)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,104)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,701)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,465)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。