コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

 新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトも、前例なき「見えない敵」に大きく翻弄(ほんろう)されてきた。感染拡大前に着工済みの宿泊施設が続々と完成を迎える中、開業時期見直しや工事中断による建設プランの遅れが発生。その一方で、アフターコロナを見据えた大規模な開発計画も浮上している。リゾート開発の現状を追った。(小樽支社・塚本 遼平)

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(上)開業判断に「差」

2021年01月04日 15時00分

ホテル、旅館 相次いで完成するも…

 本格的なスキーシーズン開幕を控えた10月以降、ニセコではホテルや旅館の完成が相次いでいる。

 香港資本のゼッケイグループによる「イントゥイション」、新日本海フェリーが手掛けた「ニセコ樺山の里 楽 水山」、ニセコビレッジの「東山ニセコビレッジ リッツ・リザーブ・ニセコ」、ヒラフ・キャピタル合同会社が進めた「山翠ニセコ」-。いずれも新型コロナウイルスが猛威を振るう中で建設を継続し、1年以上にわたる工事を経て竣工した物件だ。

11月末に完成した「イントゥイション」。
感染拡大を受け、限定的な営業を決めた

 イントゥイションの施工を担当した中山組の黒川浩史第三営業部長は、作業員を含む関係者から感染者を出さず、工期内に完成できたことに安堵(あんど)する。基本的な対策を講じる一方、過度に厳しい規則は設けないよう配慮したという。「無理のない取り組みを継続し、一人一人の予防意識を高めることが重要だった」と振り返る。

 工事は無事終わったが、開業は限定的にとどまる。今冬はオーナー不在時に宿泊客へ貸し出すホテルとしての営業を取りやめたほか、感染防止の観点から温泉大浴場の使用もストップした。

 注目度の高い宿泊施設が次々に完成する一方、運営面では開業時期や内容について判断が分かれている。

 楽 水山は1日にスケジュール通り全面開業した。3密を避けた宿泊環境を提供し、当面は国内からの集客を図る考えだ。「リッツ・カールトン」ブランドのリッツ・リザーブも15日にオープンした。

 山翠ニセコは今冬の開業を見送った。引き渡しは完了しているものの、新型コロナ感染拡大の影響でインバウンドの回復が見込めないことから開業延期を決定。21年夏か冬のオープンを検討しているという。

 政府は10月、中長期滞在者を対象に全世界からの新規入国者の受け入れを再開。ただ、観光目的の入国は依然として低水準が続く。足元では感染が再拡大するなど、回復の見通しは不透明だ。

 近年のニセコを盛り上げていた外国人観光客がいない閑散とした今冬。普段とは異質な「書き入れ時」を迎える中、関係者らは手探りで最適解を見いだそうとしている。

(北海道建設新聞2020年12月22日付2面より)

ニセコ開発マップへ


コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,388)
藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,342)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,320)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,311)
アルファコート、北見駅前にホテル新築 「JRイン」...
2024年04月16日 (1,024)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。