Construct Hokkaido

This page shows articles that have appeared in the Hokkaido Kensetsu Shimbun (Hokkaido Construction Journal) that have been translated into English.

More articles in English here.

Supernova Furano to Build a Condominium Building in Furano

2021年01月06日 09時00分

Supernova Furano GK (Tokyo) is planning to build a new condominium building, tentatively named KOA HOUSE FURANO, in Furano City. Hokkaido Tracks Development (Kutchan) will be in charge of management. The contractor is yet to be decided, and construction is expected to start in July 2021.

The building, with eight above-ground floors and one basement floor, will be a reinformed concrete structure with some additional steel-framed sections, and the total area will be 6,677 m2. The construction period is scheduled from July 1, 2021 to October 1, 2022. ND Studio will be in charge of the design.

The construction site covers an area of 7,110 m2, which spans Furano 1976-3 and Kitanominecho 1973-12 in Furano. It will be adjacent to the west side of the social welfare facility, Mutual Support Center Lavender no Sato. Land development was completed by Iwata Chizaki.

The representative of Hokkaido Tracks Development said, “We are planning to hold a briefing session for residents around the construction site in the future, so we cannot give details now.”

In recent years, foreign investors have been planning to build new condominiums in the Kitanomine area for wealthy overseas buyers against the backdrop of increased sightseeing in Furano’s lavender fields and powder snow that could compete with that in Niseko.

(Excerpt from an article on December 18, 2020)

Return to Construct Hokkaido(More articles in English here.)

If you want to read this article in Japanese, you need to subscribe to a paid service.

有料サービスのご案内

会員向けサービスe-kensinプラスでは、この記事の翻訳元になった日本語の記事「Supernova Furanoが富良野にコンドミニアム」を閲覧していただけます。

入会に関して、詳しくはこちらのページをご覧ください


Construct Hokkaido 一覧へ戻る

More articles in English here.

Contact us

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。