災害に強いまちづくりのシンボル 浜中町新庁舎が開庁

2021年01月12日 10時00分

 災害に強いまちづくりのシンボルとして―。浜中町は6日、新庁舎の開庁式を開き、松本博町長らによるテープカットで完成を祝った。千島海溝地震で大津波発生が懸念される中、総事業費51億2670万円を投じ、より安全な高台に新築した庁舎には行政機能維持と周辺住民の避難所としての期待がかかる。

テープカットし本格的な業務を始めた

 旧庁舎は老朽化のほか、津波浸水区域に位置し、地震や津波で浸水、倒壊が懸念されていた。そのため、海抜42㍍の湯沸445ほかに移転新築を計画。RC造、3階、延べ4180平方㍍の規模で2019年5月から主体に着工した。併せて、高台につながる避難道路新設と防災広場造成にも取り組み、一体的な災害対策を進めている。

 式典で松本町長は「将来にわたり、町民が安心して暮らせるまちづくりを目指し、新庁舎が災害に強いまちづくりのシンボルとなるよう職員と一丸となって努めたい」と抱負を述べた。

 今後は外構や旧庁舎解体などに取り組み、10月中旬に全ての工事が完了する見通しだ。(釧路)

(北海道建設新聞2021年1月8日付2面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13.2k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.7k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。