本間純子 いつもの暮らし便

 アリエルプラン・インテリア設計室の本間純子代表によるコラム。

 本間さんは札幌を拠点に活動するインテリアコーディネーターで、カラーユニバーサルデザインに造詣の深い人物。インテリアの域にとどまらず、建物の外装や街並みなど幅広く取り上げます。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第2木曜日に掲載しています)

本間純子 いつもの暮らし便(4)ピクチャーウインドーの「冬の風景展」

2021年01月15日 09時00分

 一昨年、リビングの模様替えをしたところ、私の定位置が、少しだけ窓に近くなりました。これまでも、外の景色はよく見えていたのですが、1mほど移動したことで、庭木の枝や林の木々に新しい発見がありました。

 窓から見える樹木は10種類ほど。ナナカマドとオンコ(イチイ)は庭木ですが、その他は林のメンバーです。庭は広くはありませんけれど、道を挟んだ向こう側に広がる林は、しっかり「うちの庭」に見え、リビングの窓は普通の窓ですが、お徳感満載のピクチャーウインドーです。

 毎日眺めるということは、ゆるーい定点観測のようなもので、根開き、芽吹き、新緑―と、変化していく木々の様子は、楽しい気づきの連続です。ヤチダモはどの木よりも遅くに葉を広げ、秋になると真っ先に葉を落とします。効率重視の仕事人みたいで、思わず、自分の仕事の仕方と比較し、苦笑です。年周期の特徴も木の個性。ヤチダモの教えですね。

 芽吹きの4月から落ち葉の11月までの観察は本当にワクワクの毎日ですが、雪が降り始めると、楽しさは半減です。葉の成長やその色の変化が見られない12月から3月の冬期間は、なんとも物足りない。さらに雪が降ると、数少ない色彩も雪の下で冬眠してしまいます。「この4カ月が短縮できたらどんなにいいだろう」とずっと思っていました。

 ところが最近、雪の季節の色彩は、夏の頃とは少し違うように感じられ、注意して見るようになりました。例えば、雪をのせたナナカマドの実は、より鮮やかな赤に感じますし、雪の下からのぞくオンコの暗い緑の葉は、思いのほか緑を感じます。街の中の看板や郵便ポスト、外壁の色も夏よりもさえて見えます。雪の白が地色となり、他の色を際立たせる働きをしているようで、白い雪は、なかなかの業師です。

 さて、遠景の木々はほぼ灰色ですが、近くで見る木の幹は、灰色にほんの少し色みが加わっているのが分かります。ナナカマドの樹皮は赤みの灰色、ヤチダモは黄みの暗いベージュ、ポプラは灰色がかった暗いオレンジ。夏にあれほど白く際立っていたシラカバの樹皮は、保護色のように雪の風景に溶け込んでいます。

 葉が落ちて林全体に光が届き、さらに白い雪がレフ板のように働くからでしょうか、幹の色がとてもよく分かります。冬の木立は、以外とカラフルだったのです。

 そして、一年に数回、林は単色の美しい風景を、見せてくれます。新雪が降り積もった風のない早朝、それまで地色の役目をしていた白い雪が、主役に大変身。白いふわふわの雪を枝の先端にまでのせている姿は、凛(りん)として繊細。根元の雪の小山にも、ふんわりと雪を重ね、白から白へのグラデーションが林の中に広がる極上の風景です。

 朝日に照らされて、オレンジ色に染まる新雪の景色も、日が少し高くなって、薄い青色の影を雪の地面に描く景色も、この季節ならではの美しいシーンですが、白一色の新雪の風景には名画の風格があります。ただし、早起きをしなければ見られませんが―。

 枝先に積もった雪が、淡い紅色に見える頃、春の準備が始まります。それまでは、暖かい室内から冬季限定の風景展を堪能し、定点観測に磨きをかけることにしましょう。

(北海道建設新聞2021年1月14日付3面より)


本間純子 いつもの暮らし便 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,559)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。