道内IT産業 首都圏の受注増で19年度売上高は4.9%増に

2021年01月26日 15時00分

20年度は減少予想 コロナ禍の受注減が影響

 北海道IT推進協会がまとめた「北海道ITレポート2020」によると、道内IT産業の2019年度売上高は前年度比4.9%増の4813億円と8年連続で増加した。道内、首都圏での受注量増加や、新規顧客獲得が進んでいることが背景にある。20年度売上高見込みはコロナ禍の影響で4731億円と減額を予測している。

 道内に立地しているIT産業本社事業所・道外本社企業の道内事業所889事業所を対象に、経営実態や課題を把握するためのアンケートを実施。221事業所が回答した(回答率24.9%)。

 19年度の業績としては、4813億円と7年連続で4000億円台を維持。59.8%が増収になったと回答していて、売上高の規模別で見ると、10億円以上の55.9%が増収・増益とした。

 増収の主な要因として、道内受注量の増加と答えたのが全体の55.5%を占めた。次いで首都圏受注量の増加が39.1%、新規顧客の開拓が33.6%と続いた。

 道内事業者の取引先としては同業他社が最多。このほか官公庁、卸売・小売・飲食店、食関連以外の製造業の順に割合が高かった。

 20年度の売上高見込みは、全体で4731億円と9年ぶりに前年度を下回ると予測。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、カーナビなど自動車関連機器を担う製造業からの受注が落ち込んだことを一つの要因として挙げている。

 このほか、開始したいと考えている新規取引区分を聞くと、道内事業者では官公庁が最も多い26.1%を占めた。

(北海道建設新聞2021年1月25日付2面より)


関連キーワード: ICT 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3.8k)
JR日高線鵡川―様似間、護岸補修へ...
2021年02月17日 (1.9k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1.6k)
JR網走駅前で土地取得進む ルートインがホテル計画...
2021年02月05日 (1.3k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.3k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第202回は「一汁三菜」。実は脂質と塩分が過剰になりやすいです。メニューや量の工夫が必要ですね。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第5回「冬の洗濯物、どこに干します?」リビングや浴室、洗面室には視界の問題や不便な点があります。最も理想的なのは……?

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第4回「少しの検討 トラブル防止」新規事業立ち上げ前に検討することで、防げるトラブルもあります。