21年度から空港の誘導路を改良へ 帯広市

2021年02月01日 15時00分

24億円投じオーバーレイ 初弾を3月にも公告・入札

 帯広市は2021年度から3カ年で、帯広空港の誘導路を改良する計画だ。約24億円を投じ、延長2940㍍の切削オーバーレイを施す。20年度までに実施した滑走路改良と同様に舗装と電気に分割。国の補助採択の時期によっては、初弾工を3月にも一般競争公告・入札する見通しだ。誘導路改良の完了後、24年度には滑走路端安全区域(RESA)の新設を計画している。

 市は19年度、同空港の基本施設改良に着工。24年度完了を目指し、概算の総事業費は56億円を試算する。うち26億円を投じた滑走路改良は20年度で完了した。

 誘導路は南北に延び、大型機に対応したLA―1の舗装で幅員は23㍍。約20年前に舗装を打ち換えたが経年劣化しているため、全面的に切削オーバーレイを行う。実施設計は日本工営が担当している。

 切削厚は舗装箇所の状況に応じて13―17㌢を想定。予算の状況によるが、南側から順に進める計画だ。

 工事発注時期は、舗装の11月上旬、電気の同下旬完成から逆算し、余裕ある工期設定にも配慮しながら判断する。

 RESA新設は、国際民間航空機関(ICAO)からの勧告を受けて16年度に検討を開始。滑走路南端に整備する計画で、90㍍四方の規模を見込む。単年で施工し、敷地の傾斜を解消しながら平地を造成する。

 21年度の空港整備では、航空灯火・電力監視制御装置設置にも取り組む予定。制御装置製造は富士電機が担当した。

(北海道建設新聞2021年1月29日付15面より)


関連キーワード: 十勝 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,363)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (12,254)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,356)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,293)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,157)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。