行政書士池田玲菜の見た世界

 アンパサンド行政書士事務所の池田玲菜代表が、行政書士の視点から連載するコラム。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第1木曜日に掲載しています)

行政書士池田玲菜の見た世界(4)少しの検討 トラブル防止

2021年02月05日 09時00分

新規事業 立ち上げ前に

 先日、とある団体の監事から、雑談レベルのご相談を頂戴いたしました。いわく「その団体で会員企業に対してソフトウエアを貸し出したい」「きちんとした規約を作成しないままに貸し出そうとしている」「会員数も少ないし、運用しながら改善していこうと考えている」とのことでした。

 聞くと、その海外製ソフトウエアは購入すると数百万円、貸出価格も2週間で10万円を超えるとのことです。トラブルは身内にこそ生じます。トラブルが生じることを前提に、それを予防するためにも規約の作成が重要であることを説き、半ば強引に規約の作成を受任いたしました。

 受任後に事務局から頂いた規約案には期間と料金の記載があるのみです。規約は、トラブルを予防する効果があるのはもちろんですが、作成の過程で事業の枠組みを考えることができるという利点もあります。貸出期間の2週間には送付にかかる日数を含むのか、送料は誰が負担するのか、支払い時期、支払い方法、延滞料など。運用後にトラブルが生じないように、「今までにこんなことを考えたことがない」という事務局長と一緒に考えていきます。

 ソフトウエアは著作物であり、その著作権者の有する権利は絶対です。貸し出すためには、著作権者の許諾を得る必要があります。規約の作成そのものには不要ですが、著作権者から許諾を得ていることは確認しておきたい事項です。

 ところが数度の聞き取りの過程で、ソフトウエアの製作者の名称が二転三転してしまいました。詳しく話してみると、事務局長の中で、ソフトウエアの販売会社と製作者が混然一体となっているようです。そして販売会社からは貸与の許諾を得ているが、製作者からは許諾を得ていないことが分かりました。規約は完成させ、「ただし貸し出すためには製作者から必ず許諾を得てください」とお伝えしました。

 調べたところに、ソフトウエアの貸与による損害賠償は、そのソフトウエアの販売価格に貸与数を乗じた金額まで請求できるとのことでした。会員の利益のための事業により団体が破産することも有り得たのです。

 IT企業に勤務していた頃、新規事業の際は法的リスク審査を行いました。法的リスク審査とは「その事業が誰のどのような権利を侵害することが考えられるか」「既存契約への違反はないか」「どのような損害が生じうるのか」「賠償を請求される可能性は高いのか」などを検討することです。

 全てのリスクを排除することはできません。検討の結果、予測される損害よりもメリットが大きければリスクを許容することもありました。

 新規事業にはトラブルが付きものです。その前に少し検討することで防げるトラブルもあります。権利という目に見えないものに関する情報発信の必要性をあらためて考えるきっかけとなりました。

(北海道建設新聞2021年2月4日付3面より)


行政書士池田玲菜の見た世界 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

セントラルリーシング、千歳に複合レジャー拠点
2023年02月24日 (7,642)
イオン新店舗周辺の3路線を改良 室蘭市が24年度着...
2023年02月24日 (5,220)
真駒内地区義務教育学校、24年秋ごろ着工
2023年02月27日 (5,107)
ラピダスが千歳に半導体工場建設へ
2023年02月27日 (4,475)
来場者の五感を刺激 エスコンフィールド内覧会で実感
2023年03月11日 (3,898)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第251回「マスクの使い方」。換気がよい戸外ではそろそろ外しても大丈夫です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第30回「春を待つ街路樹」。街を彩り、運転をしやすくする、景観のお助けアイテムとも言えます。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第28回「『学び直し』の機会提供」。職場内の意識が改革され、多様性が取り入れられます。

連載 北海道開発事業費
見え始めた未来像
2023年度

迫る巨大地震
2023年度の北海道開発事業費を検証しながら、本道建設業の課題を整理する。