おとなの養生訓

おとなの養生訓 第200回「インフルエンザ流行せず」 新型コロナ対策の効果

2021年02月01日 09時00分

 新型コロナウイルス感染拡大が続いています。特に北海道では昨年10月以降に感染者数が急増して、第3波と呼ばれる感染拡大局面にあります。一方、この第3波が到来した晩秋から冬の時期は、一昨年まで毎年、インフルエンザウイルスの感染拡大が起こっていて、たくさんの人がインフルエンザにかかっていました。そうした状況から昨年10月以降、新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスの同時流行という、大変な事態になることが危惧されていました。

 しかし、昨年10月からインフルエンザウイルスはほとんど流行しませんでした。北海道でも週に数例程度の報告があるだけです。例年の千分の一以下です。もう1月の下旬ですが、従来ならインフルエンザの流行で学校での学級閉鎖が相次いでいるはずなのに、今年は全くありません。結果的に最悪の事態は免れたようですが、全く不思議なことです。

 インフルエンザウイルスは新型コロナウイルスとは全く異なった種類のウイルスです。しかし、人から人への感染経路は同じで、接触感染と飛沫(ひまつ)感染であると考えられます。接触感染防止には手洗いの励行、器具の消毒、飛沫感染防止にはマスクの着用、換気の励行、三密回避がそれぞれ有効です。

 これらの感染防止策は、新型コロナウイルス感染を防ぐために、かなり徹底して行われていることは、言うまでもありません。新型コロナウイルス感染防止策がインフルエンザウイルスに対しても極めて有効だったという結論になりそうです。みんなの努力が、実を結んでいるのです。もちろん、油断は禁物ですが、この冬のインフルエンザ流行はないと予想しても無理はないと思います。

 一方で新型コロナウイルスの感染は広がり続けています。インフルエンザウイルスを封じ込められるくらいの対策を取り続けているのに拡大は収まりません。いや、対策がなければ、もっと大規模な感染拡大になっていたところを、みんなの努力でここまで抑え込んでいるのかもしれません。それほど新型コロナウイルスは強力で厄介なウイルスなのだと実感します。

 しかし、あきらめてはいけません。これまでの対策は正しかったと考えて、感染対策の継続が重要なのです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,692)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,999)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,497)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,437)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,243)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。