旭紋道遠軽―上湧別間、全線別線ルートに決定

2021年02月17日 11時12分

事業費は最大300億円を試算

 北海道開発局は16日、札幌第1合同庁舎で、社会資本整備審議会道路分科会の第26回北海道地方小委員会を開き、旭川紋別自動車道遠軽―上湧別間の計画段階評価を実施した。最終的な対応方針は遠軽町市街地を迂回する全線自動車専用道の別線整備ルート(約14㌔)と決め、事業費は最大300億円を試算。近く新規採択時評価を行い、事業化を目指す考えだ。  同区間は、2019年12月に供用した現在の終点である遠軽ICから湧別町を経て紋別市へと延伸するルートの最初の区間。20年7月に実施した第2回の計画段階評価では①別線整備ルート②別線整備・一部現道改良ルート③現道改良ルート―の3つのルート案を提示した。

 住民アンケートや地域企業・団体へのヒアリング結果を踏まえた最終的な対応方針としては、線形不良区間や洪水浸水想定域、地吹雪発生区間などを回避し、現道の交通の影響も受けない①の案を採用。遠軽ICに直結し、遠軽町市街地東側を迂回する自動車専用道約14㌔を新設することで、物流や救急医療の輸送時間短縮、安全性、災害時の代替性など必要な機能を確保する。

 事業費は240億―300億円を想定。ICは終点のほか、市街地にアクセスしやすい中間点として道道遠軽芭露線交点付近にフル規格のICを設けるほか、北見方面との連結・アクセス円滑化を図るため、国道333号交点付近にも湧別・紋別方面に向かう乗り口、湧別・紋別方面から来る降り口を備えたハーフICを設ける方針だ。

 委員らは、中間地点のICをより市街地側に近づけ利便性を向上させることや道の駅の高度な利用などを提案。遠軽芭露線は18年豪雨でいわね大橋が沈下したこともあるため水害や防災対策も考慮した上でIC位置を選定するよう付け加えて、事務局提案の対応方針を承認した。


関連キーワード: オホーツク 開発局 高速道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,368)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (12,280)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,363)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,294)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,157)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。