サケ・マスの自然産卵環境拡大へ 斜里町がGCF

2021年03月03日 15時00分

可搬魚道を川に設置

 斜里町は2021年度、サケ・マスの自然産卵環境保全拡大を目的にガバメントクラウドファンディング(GCF)に乗り出す。目標額は300万円。魚道が付いていない川やサケが上れなくなっている場所に少額でできる魚道を設置する。今後は必要に応じ町の事業として改修する予定だ。

 16年度に斜里町地域水産業再生委員会の取り組みとして環境調査を開始し、17―19年度はオホーツク南部広域水産業再生委員会として網走市と連携。国の補助を活用しながら遡上(そじょう)の妨げになっているものがないか、産卵に適した場所はどこかを調査した。

 20年度はホームセンターで購入できる材料を使って製作した可搬魚道をウエンベツ川に設置した。

 GCFを活用し、21年度はウナベツ川に可搬魚道を設置する予定。このほか、魚道清掃や調査などに充てる考えだ。募集時期や期間は調整中。

 馬場隆町長は「共感してもらうことが大事。よりよい町づくりのために取り組みたい」と話している。(網走)

(北海道建設新聞2021年3月2日付11面より)


関連キーワード: クラウドファンディング 河川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,434)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,513)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,373)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,207)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,712)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。