スマイルリーグで初優勝 道路建設ペリグリン

2021年03月06日 10時00分

9連覇狙う強豪を撃破

 道路建設(本店・苫小牧)がスポンサーを務める道路建設ペリグリンが、第9回女子日本アイスホッケーリーグ(通称・スマイルリーグ)で、9連覇を狙うSEIBUプリンセスラビッツを2対0で完封し、初優勝を飾る快挙を成し遂げた。7回準優勝を経験し悔しい思いをしていたが、念願の優勝を果たした。

初優勝が決まり歓喜に沸く選手ら

 英語でハヤブサを意味するペリグリンは、1977年に結成した女子アイスホッケーチーム。前スポンサー撤退後、同社が2015年からメインスポンサーとなり、資金援助だけでなく運営も補助し、チーム強化も含め支援している。

 全日本女子アイスホッケー選手権大会で19回優勝するなど、組織力を生かした伝統あるチーム、女子アイスホッケー界をけん引するチームとして知られる一方、12年から開始したスマイルリーグでは惜しくも決勝で及ばず、準優勝が続いていた。

 今回は、2月26日から28日までの3日間、帯広の森アイスアリーナでファイナルトーナメントが行われ、9チームが熱戦を繰り広げた。最終日の決勝では、9連覇を目指すSEIBUプリンセスラビッツと対戦。無失点で勝利をもぎ取った。

 宮崎健悟社長は「少ないチャンスをつかんで2得点した後、一進一退を繰り返しながら全員で守り切り、気迫あるプレーが随所に見られた」と決勝戦を振り返り、「選手が最後まで走り切ったことも勝利につながった。ベストゲーム」と戦い抜いた選手をたたえた。(苫小牧)

(北海道建設新聞2021年3月4日付11面より)


関連キーワード: スポーツ 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.3k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.1k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。