5号塩谷防災で新ルート1.5kmが開通

2021年03月24日 10時00分

 小樽開建が5号塩谷防災で整備を進めてきた1・5㌔区間が20日午後3時に開通した。これに先立ち、新ルートに設けた塩谷トンネル余市町側坑口付近で開通式が開かれ、関係者ら約40人が無事開通を祝うとともに、より安全で安心な通行の確保に期待を寄せた。

テープカットで開通を祝った

 塩谷防災は2011年度に着手。既存ルートが浸食などに伴う岩盤崩壊の危険性があるため、笠岩トンネルと塩谷トンネルを回避する形で、山側に新塩谷トンネル(1063m)を整備した。総事業費は約70億円。

 開通式で迫俊哉小樽市長は、関係者の力添えと施工業者の尽力に感謝しながら「忍路トンネルに続く塩谷トンネルの開通で、安全な交通はもちろん、物流や観光の面でも大きな貢献が期待できる」と喜んだ。

 坂場武彦小樽開建部長は「この路線は、高規格道路と並んで後志管内の骨格となる重要な社会基盤。今回の開通を管内の成長の礎とし、世界の後志を内外に発信したい」と力を込めた。

 その後、中村裕之衆議院議員、本多平直衆議院議員、迫市長、斉藤啓輔余市町長、坂場部長、村田憲俊道議がテープカットし、出席者の車両で通り初めをした。

(北海道建設新聞2021年3月23日付13面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,173)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,266)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,752)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,652)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,502)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。