寒冷地対応型植物工場モデルの実証試験を開始 北電など

2021年03月28日 10時00分

 北海道電力と農業生産法人の輝楽里(本社・江別)、関連会社の江別ヤマト種苗(同)は、寒冷地対応型植物工場モデルの実証試験を開始した。最適設計手法の確立・採算性の検証、デジタル技術を活用した栽培管理のスマート化といった実証を進め、小規模からでも採算性を確保できる植物工場モデル構築と新たなビジネスモデル創出を目標にする。

 全長30m、幅7・7mの高断熱ドーム型ハウスに多段型水耕栽培ユニットを11台設置。レタスなどの葉物野菜とイチゴを栽培する。高効率ヒートポンプエアコンを採用。LEDの排熱や冷涼な低温外気も活用してランニングコストを抑制する。

 北電は寒冷地向けヒートポンプやZEBに関する知見、ジャガイモの緑化防止用照明装置「ポテライト」開発などで蓄積したLED利用技術を用いて、栽培環境を低コストで最適化する空調制御手法の確立に取り組む。輝楽里グループは生産者の知見を生かして実践的な栽培データを蓄積し、高品質で安定した生産手法確立を目指す。

 実証試験期間は2023年3月までを予定している。

(北海道建設新聞2021年3月26日付2面より)


関連キーワード: エネルギー 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.3k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.1k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。