遠軽高の野球部専用学生寮 管野氏が私費投じ新築

2021年03月31日 15時00分

進学選択の呼び水に 同高の発展願う

 遠軽高に生徒が集まるように―。管野伸一管野組会長が施主となり、私費を投じて新築した学生寮「フォルシティア」の竣工式が28日に開かれた。来賓や入寮生合わせて30人が出席して完成を祝うとともに、同高のさらなる発展に思いを寄せた。

完成した学生寮。早速部員が入寮した

 同窓会会長を務める管野氏が長年温めていた構想。遠軽高は甲子園出場歴を持つ野球部をはじめ、スポーツや文化活動が盛んだが、越境入学生を受け入れる下宿先などが不足していて、解消を図ろうと2020年10月に着工した。

 野球部員専用とし、16部屋に最大32人が入居可能。W造、2階、延べ640m²の規模で、設計、施工を手掛けた管野組に管理運営を委託し、寮母が常駐して部員をケアする。建設地は遠軽高そばの遠軽町南町3丁目4の3。

 施設名は在校生からの公募作品で「春の喜びを表す黄金のベル」と称されるレンギョウ(学名・フォルシティアサスペンサ)から採った。希望あふれる高校生活を送り、町を活気づけたいとの願いが込められた。

 神事後のあいさつで管野氏は「迷ったが、生徒のためにと思い感染症予防策を講じて式を開催した。各分野で活躍したいと遠軽高校進学を選んでくれる呼び水になれば」と思いを述べた。(北見)

(北海道建設新聞2021年3月30日付15面より)


関連キーワード: オホーツク 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.3k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.1k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。